「自分は〝人見知り〟だと思っていたけど、いまは〝全然話せる ! 〟と思います」クレッシェンド@YMCA学院高等学校天王寺センター

2015年1月24日(土)、2月7日(土)、2月27日(土)、3月7日(土)YMCA学院高等学校天王寺センターにて、全4回のクレッシェンドが開催されました。

※ご報告が大変遅くなってしまい、申し訳ございませんでした… !

「クレッシェンド」 とは…?

クレッシェンドとは、通信制高校の生徒のためのキャリア教育プログラムです。 
社会人・大学生ボランティア(コンポーザー)との対話を柱として、生徒の自己肯定感の向上と社会関係資本 の獲得をめざしています。
クレッシェンドでは1クラス(最大10名の生徒)に対し、3ヶ月間で全4回の授業を行います。

※このクラスでは、写真をブログに載せることが難しい状況のため、掲載している写真はすべてイメージ図を使用しています。ご了承ください。

1回目の授業の様子

1回目の授業では、大人たちが今までに「悩んだこと」や「つらかったこと」について高校生に話します。

なかでも

何か、大きなきっかけがあったわけではなかったけど、突然学校に通うことができなくなった。
みんなはフツウに出来ることが、自分にはできない、なんて自分はダメなやつなんだと思い、引きこもっていた。

 

というコンポーザーの話には、共感した高校生が多かったようです。

 

高校生の感想の一部を、抜粋します。

自分の境遇と似ていて、共感した。不思議な気持ちになった。

 

しんどい時は、しんどいって言うことが大切だと思った。

 

自分と家庭環境が似ているなぁと思った。

2回目の授業の様子

2回目の授業では、大人たちが「いま、どんな仕事をしているのか?」「どんな学校生活を送っているのか?」進路選択の悩みなども含めて、高校生に話します。

2回目の授業ということで、高校生それぞれの性格や「趣味」や「やってみたいこと」なども少しずつ、分かって来ました。

毎回、授業のはじめはチーム対抗戦のゲームを用意しており、この日は「シゴトはっけんカルタ」というゲームをしました。

自分から発言して、積極的にゲームに参加する高校生がいる一方で、同じグループの子がカルタを選びやすいよう、配慮する高校生もいました。

前回は緊張気味だった高校生たちですが、それぞれの個性が少しずつ見えてきた回でした。

3回目の授業の様子

3回目の授業では、みんなの「ユメ」を聴き合う、「ユメブレスト」をします。

D×Pでは、「ユメ」の定義を、「ちょっと好きなこと、やってみたいことも、全部ユメである」としています。

「将来こんな仕事に就く ! 」とか、はたまた「世界を変える ! 」といったような、大きな「夢」じゃなくてもOK。
夏休み中にやってみたいこと、今月やりたいこと、そういったこともすべて「ユメ」であると考えています。

「ユメブレスト」の時間には、「否定しない」というただひとつのルールがあります。

「誰にもユメを否定されない」という安心感が、クラス全体を包んだのかお互いに「うん、うん。」と頷きながら聞く様子が印象的でした。

 

みんなの「ユメ」の一部を、ご紹介します。

車の免許を取って、観光地をまわりたい。

 

◯◯さんのユメは、わたしもやってみたい。

 

泣いたり怒ったりすることはあると思うけど、最後は笑って死にたい。
 

Carl Zeiss T* Lens Made in Germany

4回目の授業の様子

4回目の授業では、今までの授業で感じたお互いの「印象」を伝え合います。
はじめに「ジョハリの窓」というゲームをし、お題にそってお互いの印象を伝え合ったあと、お題のない真っ白なカードに、自由にお互いの印象を書いて渡し合いました。

高校生の感想の一部を抜粋します。

自分は〝人見知り〟だと思っていたけど、いまは〝全然話せる!〟と思います。

 

自分のことを〝暗くて顔が恐い〟と思っていたけど、〝明るい〟と言われてびっくりした。

 

 

Carl Zeiss T* Lens Made in Germany

授業に参加したボランティアの声  

私自身、(通信制高校に通う高校生に対して) 思い込みがあったなぁと気づかされました。

 

はじめは通信制高校に通ってる子がどんな子なのか分からなかったけど、自分と共通の趣味を持っている子がほとんどで、何も心配することはなかったなぁ・・・

 

(高校生と話す時に) 話題探しが苦手で、自分から話を振れないことが (よくあり) 不安だった。

 

1回目の授業の時は、話しかけても動作で答えるのみだった高校生と、2回目・3回目の授業のときは、小さな声だったけど話すことが出来た。4回目、最後の授業では、ハッキリと話が聞こえてとても嬉しかった。

 

 

Carl Zeiss T* Lens Made in Germany 

D×Pサポーター、募集中!

D×Pが、通信制・定時制高校で開催するこの授業。『クレッシェンド』は、寄付によって運営されているんです。

2017年度、D×Pにご寄付をいただいた方は656名。わたしたちの価値観に共感し、一員になってくださったたくさんの方々に支えられています。

ぜひ、あなたも。D×Pの価値観を、一緒に大きく広げるサポーターとなってください。

D×Pを寄付で応援する

ページトップへ