保護者に頼れず困窮する10代が、一時的に安心できる環境を整えるために食糧支援や現金給付を行ないます。ユキサキチャットでの継続した相談サポートと食糧や現金での支援を掛け合わせ、相談者が他にも頼れる先を増やしていきます。

プロジェクト概要

実施期間

2020年5月〜

対象者

経済的に保護者に頼ることが難しい15~25歳。自身のアルバイトの収入で自分や家族の生活費・学費などを賄っていて、コロナの影響をうけて生活が不安定な方・もしくは不安定になる可能性がある方

活動内容

食糧支援・現金給付

協力

株式会社BJefホールディングスグロース・キャピタル株式会社

プロジェクト背景

2020年4月より新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の発表をうけ、自身のアルバイトの収入で生活する若年層から生活困窮にまつわる相談が届くようになりました。

児童養護施設を退所した若者や何らかの理由で保護者に頼れず大学に通う・働いている若者からの相談も増えることが予測されたため、10代を対象に相談を受け付けていたLINE相談「ユキサキチャット」の対象年齢を25歳までに引き上げ、緊急サポートを開始しました。

15歳~24歳は、50.9%がアルバイト、契約社員など非正規雇用で働いています(令和元年労働力調査)。令和2年の労働力調査によると非正規雇用者は減少し続けています。保護者に頼れず生活する若者にとって、仕事がなくなることはもちろんのこと数時間のシフト削減であっても大きく生活がひっ迫します。

プロジェクト内容

  • 最大3ヶ月、月1万円を給付

    現金給付

    最大3ヶ月、月1万円を給付します。給付の目的は、生活費、家賃、学費の支払いや、ライフラインの滞納の解消などの支払いに充てることとしています。事情によって、一度に3万円の振り込みや4万円の追加給付を行なうこともあります。
  • 約30食をすぐに届ける

    食糧支援

    約30食をすぐに届けます。届ける食品は、パスタやパスタソース、レトルトのカレー、缶詰、お米など。食糧支援を実施する相談者の多くは日用品も我慢していることが多いため、マスクや生理用品、ボディーソープなど必要なものがないかを選択式のフォームで尋ね、回答があったものを一緒にお届けします。

サポートの流れ

  • 保護者など経済的頼り先があるか
  • 貯金や借金があるかなど本人の経済状況はどうか
  • 仕事をしているか、働ける状態にあるかなど収入見込みがあるか
  • 公的なサポートを既に受けているか、今後受けられそうか

などを総合的に判断し、よりひっ迫した状況にある方に対して給付等を決定しています。支援を決定する場合も見送る場合も、支出の見直しや収入確保のため転職・アルバイト探し、利用できる公的支援、奨学金の申請などをユキサキチャットでサポートしています。

D×Pの食糧支援

  • すぐに送る、
    長期的につながる

    温めるだけで食べられるレトルト食品や、1日に必要な栄養素を補う完全栄養食など。手軽さと栄養を考慮し、ひとりひとりの事情に合わせた食糧を30食分、すぐに送ります。
    その後も3ヶ月〜半年ほど長期的に関わり、生活の安定にむけた次のステップ一緒に考えます。
  • ひとりひとりが
    受け取りやすく

    「ユキサキ便」と名付けた箱で送ります。食糧支援を受けることは、相談者が自分のユキサキに向かうこと。後ろめたく思わずに、受け取って欲しいと思っています。食糧の他にも必要なものがないかを選択式のアンケートで聞き、マスクや生理用品・シャンプー・歯ブラシなどの日用品も届けています。
  • 人とのつながりや
    文化的経験を得られる工夫

    ひとりひとりへの手紙を同封し、人とのつながりを感じられる体験をつくります。また。余裕のない生活をしていると文化的経験が得づらいことがあります。季節を感じられる食べ物や美術作品の印刷されたメッセージカードを同封するなど、文化に触れられる機会もつくります。

サポートを受けたい15歳〜25歳の方はこちら

プロジェクトに関する
お知らせ

神戸新聞にご掲載いただきました!
SOCIOにご掲載いただきました!
毎日新聞にご掲載いただきました!
FNNプライムオンラインにご掲載いただきました!
Yahooニュースにご掲載いただきました!

全ての記事を見る

プロジェクトに関する
活動報告

Top