不登校・中退など
いろいろある10代の
進路・就職相談。

不登校・高校中退などの困難を抱えた10代がLINEで相談することができる窓口です。ひとりひとりに合ったつながりと仕事をつくり、つなげていきます。

こんな相談に対応しています

  • 転校・編入を
    考えている

    学校に行けない日が続いていて、通信制か定時制高校に転校するのか、中退して働くのかを迷っています。親は「高校は卒業しなさい」としか言わず、学費や手続き、卒業後の進路などのことを考えると転校か働くかを迷っていることも言い出せずにいます。
  • 経済的な理由で
    進学か就職か迷っている

    ひとり親家庭なので、高卒で就職したほうがいいのか進学したほうがいいのか迷っています。進学できても生活費を稼がなきゃいけないし、ちゃんと学生生活が送れるかな…。どうすればいいですか?
  • 就職できるかどうかが不安

    「高校を中退した」と言うと、不安定な仕事しかない・就職できないと言われます。バイトは、仕事が覚えられなくて続かないし、人と話すのも苦手です。この先、自分が就ける仕事なんてあるのかと不安になります。
  • どうにか状況を変えたい

    進路が決まらず、高校を卒業しました。同年代は今ごろ進学していたり、働いていたりすると思うと、昼間に外に出るのもつらくて。家は経済的に余裕がないので、働いて自立したいと思ってるのですが…。

ユキサキチャットでしていること

1ヶ月〜2年のスパンでつながりをつくります。

  • 知ってもらう

    相談者がユキサキチャットを友だち登録します。認知経路は、WEB検索/Yay!(イェイ:コミュニケーションアプリ)/TwitterなどSNS/知り合いからの紹介などです。友だち登録をすると自動メッセージと初期の質問が相談者に届きます。
  • 安心して話せる
    関係性をつくる

    相談者の疑問や課題に応えながら、情報提供を行ないます。相談内容や相談者の状況に合わせて相談員側の情報や経験を開示するなど、個人が見える対応をしています。質問の意図を伝えながら状況を整理していきます。
  • 次の一歩を考える

    ネクストアクション(相談者が次に取る行動)を提案します。問題解決を急がず、相談者が自分で動けるタイミングまで待つことも大切にしています。関係性を維持する場合は、定期的に相談員から声かけや情報提供を行なっています。

相談者の次の一歩

相談の後に、こんな行動へつなげていきました。

  • 地域のNPOが運営する場に行った
  • D×P図書館に遊びに行った
  • 他団体のスタッフとオンラインで話した
  • D×Pから紹介した企業にインターンに行った
  • 進学先・編入先の資料を請求した
  • ライバー(配信者)を始めた
  • オンラインプログラミング学習サービスを始めた 
  • 生活保護の申請をした
  • 障害者手帳の取得を行なった

ユキサキチャットの実績
(2017~2019年度)

  • 登録者数

    5,822
  • 相談者数

    1,843

ネクストアクション

  • 相談員からの提案数

    915
  • 相談者の実行数

    383

相談者の声

自分のことを信じてくれて、応援してくれる人がいるのが嬉しい

D×Pに出会ってから、仕事のことからごはんがおいしいことまで、色々なことを教えてもらいました。相談するときは、何度も話を聞いたり支えてもらいました。ずっと大人のことを信用できなかったけど、スタッフさんはいつも僕の言葉を信じてくれました。自分のことを信じてくれて、応援してくれる人がいるのが嬉しいです。
Aさん
(高校2年生)

中学時代に経済的に苦しい状況があり進学について悩んでいた。通信制高校に入りたいという希望があったため、学費のやりくりの相談などを行う。高校入学後、進路相談のなかで「プログラミングを学びたい」という気持ちがあることがわかり、スクールを紹介。そのほか、入学試験や住む場所の相談にも応じた。

自分のお金で自分の欲しい物を買うことを実現させるのが楽しみ

明日から仕事です。初めてのことが多いので、疲れてしまう時もありますが自分の身体を大事にしつつ頑張ります。前から思ってた自分のお金で自分の欲しい物を買うことを実現させるのが楽しみです。応援ありがとうございます!
Bさん
(西日本在住の10代)

ひきこもり状態で、ひとりで外に出られないことが続いていた。通常のチャット相談に加えて、オンライン上の対面面談を続け、コミュニケーションを重ねた。D×Pの広報業務の一部を引き受けたことがきっかけになり、ひとつひとつ経験を積み在宅ワークで外資系企業の契約社員になる。

相談体制について

  • さまざまな専門知識や
    経歴を持つ相談員が対応

    相談員には、社会福祉士、精神保健福祉士、キャリアコンサルタント、教員免許保持者などさまざまな専門知識や経歴を持つ人がいます。緊急性の高い相談は、外部アドバイザーから対応方針のアドバイスを受けられる体制をつくっています。
  • 多様な事例を想定した
    研修の実施

    高卒就職・児童福祉・性教育・性的マイノリティについての基礎知識・外国籍の子どもたちの現状や対応・やさしい日本語・オーバードーズや自傷行為について・風俗業界の現状など、多様な相談事例を想定し研修を行っています。また、発達障害サポーターズスクールの資格取得も推奨し、受講を必須にしています。

実際のユキサキチャットのサイトは下記からご覧ください。

Top