D×Pインターン企画運営スタッフ インタビュー第一弾:小川麻綾さん「その子にとって一番居心地が良いと思えるかかわりを考えたい」


NPO法人D×P(ディーピー)が通信制高校に通う生徒に向けて
届けているキャリア教育プログラム「クレッシェンド」。
※クレッシェンドの詳細はこちら

このクレッシェンドの運営に携わる
「D×Pインターン企画運営スタッフ」のひとり、小川麻綾(おがわ まあや)さんに
インターンとして活動するようになった経緯や
活動を通じて考えたことについてうかがいました。

 

 

子どもの「できた!」の瞬間に関わりたい



—今日はよろしくお願いします。
小川さん:立命館大学産業社会学部4回生の小川麻綾です。よろしくお願いします。
小学校の先生目指して教職課程をとっています。
2014年4月からD×Pの教職インターンとして関わり始めました。

早速なんですが、小川さんが先生になろうと思ったのはどうしてですか?
小川さん:先生になりたいと思うようになったのは、
子どもの「できた!」の瞬間に関わりたいと思ったからです。

特に小学校は学級担任制なので、1日の大半をクラスの子どもと
一緒に過ごすことで様々な姿を見ることができると思います。
「この子は毎日花の世話をしているな。」とか「あ、今すごくいい表情したな。」とか、
勉強だけじゃないその子の素敵なところや小さな変化を感じとりやすい。

そして子どもと嬉しいや悔しい、楽しいなどの感情を
一緒に味わうことのできる教師という職業に魅力を感じました。

 小学生って、その人の”土台”が出来る時期だと思うから、
「自分のことを好きになる力」をつけてほしいし、
私自身が児童から学ぶ姿勢を忘れない先生になりたいなと。

—どんな先生になりたいですか?
小川さん:最近思うのは、”児童”や”みんな”じゃなくて
”あなた”として子どもと関わる先生になりたい。
今年の6月に教育実習に行ってから、先生って本当に多忙だなと痛感しました。
でも、どんなに忙しかったとしても、
例えば4年生を”4年生”という基準だけで判断したくないし、
”みんなの気持ち”じゃなくて”あなたの気持ち”を聞くことのできる先生でいたい。

全体の中での基準も大切だけど、それだけじゃなくて
昨日から今日、今日から明日、その子がどう成長したのかを
見ることができる先生でありたいと思っています。

学校現場に入らず机上の勉強しかしてなかったことに気づいて、
「このまま先生になっていいのかな?」と思うようになりました。

 —D×Pの教職インターンに応募した経緯を教えて下さい。

小川さん:私は1回生からある学生団体の活動に取り組んでいたんですが、
3回生の終わりに代替わりになって、少し自分の時間がとれるようになりました。
D×Pに入る前はちょうど、この少し落ち着いてきた時期だったので、
卒業後学校の先生になるということを具体的に考える時間がとれたのですが、
そのときふと自分がそれまで学校現場に入らず机上の勉強しかしてなかったことに気づいて、
「このまま先生になっていいのかな?」と思うようになりました。

なので、学校現場に入る経験を今のうちにしておきたいと思いました。
学校ボランティアや、学習塾、学校と連携した団体など、
学生のうちから学校現場に関わることができる場は
たくさんありましたが、どれもピンと来ませんでした。

その時にD×Pスタッフの川上さんから、
D×Pで教職インターンの募集をしてるっていう連絡がきて。
募集要項を読んでみたら、D×Pの3姿勢(※)にすごく共感して
「あっこれだ!」ってピンときました。

※D×P3姿勢とは?:D×Pが高校生と関わるにあたり大切にしている姿勢のこと
●否定しない ●様々なバックグラウンドから学ぶ ●年上年下から学ぶ 

 

自分自身はそれまで「良い子街道」を走ってきたから
本当に生徒に寄り添えるのかなっていう不安がありました。

小川さん:あと、D×Pの教職インターンでは、
通信制高校にいる様々な事情を持った生徒と
関わることができるところにも興味を持ちました。

私は、「生徒に寄り添ってその子そのままを認められる先生になりたい」と思っていたけれど、
自分自身はそれまで「良い子街道」を走ってきたから
本当に生徒に寄り添えるのかなっていう不安がありました。

私はほとんど苦もなく「良い子」で小学校、中学校、高校、大学に通っていたので、
自分とはまったく違う環境下で育った生徒を目の前にした時に、
その生徒の気持ちが分かるのかと。

だからこそ、学校ボランティアや学習塾のバイトでは
関われないような生徒とも関わることができるかなと思って、
D×Pの教職インターンに応募しました。

以前から、「子どもに寄り添い、その子どもを丸ごと認められる先生になりたい」
という気持ちはありましたが、その一方で、
「認めるって具体的にどういうことだろう?」っていう疑問を持っていました。

D×Pの3姿勢に「否定しない」という言葉があるんですが、
「否定しない」とはどういうことなのか、「認める」とはどういうことなのか、
D×Pのインターン期間を通じて自分なりにその答えを見つけたいと思っていました。

―実際、D×Pでインターンを始めてみて、どうでしたか?

小川さん:D×Pに入るまでは「認める=良いこと」、みたいに思ってたんだけど、
実際インターンを始めてみたら“認める”ということ以前に、
「そもそも人に”かかわる”ってどういうことか」
「相手を知るってどういうことか」から考えるようになってきました。

以前、D×Pで開催した公開型勉強会で「過不足なく関わる」っていう言葉を聞いてからは
それが自分の中でテーマになっています。
「“かかわる”ってどういうことなんだろう」って。

 

話さない・発信しないというかかわり方も含めて、
その子にとって一番居心地が良いと思えるかかわりを考えたい。

生徒と関わる時に何か気をつけていることはありますか?

小川さん:D×Pに入る前は、生徒とかかわる時は「聞くこと」を
大切にしようと思ってたんだけど、
今はその前に「その子が一番居心地が良いと思えるかかわり」を意識しています。

“聞くこと”っていうのは、相手が何かを話したり、話していなくても
何かを自分に対して発信していることが前提になってるでしょ?
でも、話さない・発信しないというかかわり方も含めて、
その子にとって一番居心地が良いと思えるかかわりを考えたい。
クレッシェンド4回の授業を通じてそう思うようになりました。
でもまだ葛藤があって、自分のあり方については模索中です。

インターン中に出会った生徒のなかで、印象に残っている生徒はいましたか?

小川さん:はい。クレッシェンドの時に、1人の生徒が授業中ずっとうつむいていて、
話をしてくれているコンポーザー(※)さんに背中を向けていました。
※コンポーザー:D×Pの授業に関わる社会人・大学生ボランティアのこと。

最初はその様子を見て、
「興味がないから聞いていないのかな」と思っていた。

でも、コンポーザーの人がプレゼンの最後に
自分の描いたスケッチブックを見せながら「ここに描いているように…」って言った瞬間、
その生徒がぱっと振り向いたんです。
それにはすごくびっくりした。「聞いてたんか!」と思って。

その時に、「あ、私は全然生徒を見てなかったな、見ようとしてなかったのかもしれないな。」
と気付きました。一見話を聞いていないように見える生徒も
実は大人の話に耳を傾けているんだなということを実感しました。

インターンをしているなかで、どういう時がやる気につながりますか?

小川さん:高校生と「近づいた!」と思える瞬間は、モチベーションに繋がりますね。
最初出会った時は、高校生が緊張したり警戒したりして距離をとっているのですが、
かかわりを通じて、「あっ近づいた!」と思える瞬間があって、嬉しいです。

他のスタッフやコンポーザーさんとの会話も刺激になります。
バックグラウンドも職業も様々な人たちが集まっているので、
たくさんの多様な人の考え方を聞けるのは面白いし、新たな発見が多いです。

 

「これまで大学以外でもバリバリ教育系の活動してました!」
みたいな大学生じゃなくても、
純粋に高校生と関わりたいって思う人と一緒に働きたいな。

DSC_2748

教職インターンを具体的に考えてくれている人に向けて、具体的な業務内容を教えてもらえますか?

小川さん:週1回のミーティング、コンポーザーの人とのメールのやりとりや授業への参加とかかな。
ミーティングでは、クレッシェンドの準備や生徒の様子を話したり、
クレッシェンドに参加してくれた生徒のアフターフォローについて考えます。
大体週1.5〜2日くらいD×Pの教職インターンに時間を使っています。
それ以外は、学校に週4回通い、バイトを週1回6時間くらいしていますね。

先日教員採用試験があったと思うんですが、教員採用試験とインターンとの両立はどうでしたか?難しかった?

小川さん:教員採用試験は、「ここまで勉強して準備すれば良い」という基準になるものがないので、
自分はどこまで教員採用試験の準備に時間を使って、どこまでD×Pの業務に時間を使おうかという、
バランスをとるのは難しかったです。
でもスタッフやインターン生のみんなが支えてくれたので、乗り切ることができました。

他のインターン生は小川さんにとってどんな存在ですか?

小川さん:「切磋琢磨」かな。それぞれD×Pに惹かれているのは同じでも、
その先にあるやりたい事や持っている強みは全く違う。
そこから学ぶことは本当にたくさんあるし、話していてすごく刺激を受けます。
お互い学び合えるこの関係性は私にとってとても大切で、
「自分も頑張ろう。」って思えますね。

—最後に、どんな人にD×Pの教職インターンを薦めたいですか?

小川さん:どんな人っていうのは正直ないです。
自分自身で「やってみたいな」と思った人に来てほしい。
ただ、少しでも興味を持ったなら一度話を聞いてほしいです。

「これまで学校以外でもバリバリ教育系の活動してました!」みたいな大学生じゃなくても、
純粋に高校生と関わりたいって思う人と一緒に働きたいな。

 

※高校生の居場所・コミュニティを創ることを目指して2014年度から開催を始めた「D×P写真部」。
D×P教職インターンはこの写真部の運営にも携わることができます。写真部の活動前に、撮影場所を下見中の小川さん。

 

インタビューは以上です。いかがでしたか?
次回の第二弾インタビューは、近藤紗恵子さんを予定しています。お楽しみに^^

D×Pでは、ともに授業をつくり高校生と関わる
D×Pインターン企画運営スタッフ」を募集しています。

 

他の企画運営スタッフのインタビュー記事はこちらから。

ページトップへ