「イヤな場所からは逃げてもいい、自分にぴったりの場所を探して選ぶことができるから」@コンポーザー研修会

 

4月27日(日)、5月から開催されるクレッシェンドに向けて
第2回目のコンポーザー研修会を開催しました。

クレッシェンド」とは…
通信制高校の生徒のためのキャリア教育プログラムです。社会人・大学生ボランティア(コンポーザー)との交流を柱として、生徒の自己肯定感の向上と社会関係資本の獲得をめざしています。
クレッシェンドでは1クラス(最大10名の生徒)に対し、3ヶ月間で全4回の授業を行います。
「コンポーザー」とは…
通信制高校生へ向けたキャリア教育プログラム「クレッシェンド」で、高校生と関わる社会人・学生の方々のことを、私たちは「コンポーザー」と呼んでいます。
コンポーザーの皆様には、プログラムに臨む前に、この研修会に参加していただいています。
コンポーザーにご興味のある方、是非こちらのページをご覧ください ! 

今回は午前に大阪クラス、午後に京都クラスと2部に分かれて研修会を行いました。

クレッシェンドでは、大人たちの「失敗」や「過去のトラウマ」の話を聴く会があります。
目的は、「負の体験の相対化」。

その一貫として、コンポーザーさんに『失敗なんて当たり前』というテーマでプレゼンテーションをしていただきます。
今回の研修会では、そのプレゼンの練習会を行いました ! 

まずは簡単に一日の流れを確認し、自己紹介タイムに。 
和やかな雰囲気のなか、それぞれ自分が呼ばれたい名前や、好きなことなどを紹介します。

その後2チームに分かれて、プレゼンの練習会が始まります。
誰がトップバッターになるか、本気のじゃんけんで決めるクラスもありました。笑

DSC_2080

 

パワーポイントを用いて話す人、スケッチブックに絵を描いてきた人、書いた手紙を使ってプレゼンを行う人など伝える手段は人それぞれ。
しかし、少しでも「高校生に伝わるように」という想いは一緒です。

DSC_2088

 

DSC_2121

 

中学校時代に経験したいじめについてお話された方は、
当時の自分の心境や、大学入学という変化をきっかけに気付いたことから、

「イヤな場所からは逃げてもいい、自分にぴったりの場所を探して選ぶことができるから」

という学びを伝えてくださいました。

DSC_0073

 

諦めずに頑張ることや逃げずに戦うことが大切だとされやすい社会ですが、もう十分頑張っている人もたくさんいるように思います。
時には逃げてもいいよ、というメッセージには自分の気持ちに正直になるとともに、もう一度歩きだすためのきっかけがつまっているように感じました。

DSC_0086

 

1人ずつのプレゼンが終わると、同じチームのコンポーザーからフィードバックを行います。

プレゼンを聞くコンポーザーの目は真剣そのもの。

DSC_0063

 

「この方がもっと高校生に伝わりそう。」といったアドバイスや、「それ分かるわー!」といった共感の声があがります。

DSC_0059

 

DSC_2166

 

プレゼンを行うまでは不安そうな顔をしていた方が、帰り際に

自分の話が伝わるか不安だったけど、みなさんが真剣に聞いてくださるのでとても嬉しかった。

とほっとしたような笑顔を見せてくれたのが印象的でした。

DSC_0087

 

お互いがお互いの過去や、今もなお抱えている悩みを知る事で、コンポーザー同士の仲も深まる研修会になりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━**━

いよいよ5月10日からはECC大阪校で、17日からはECC京都校にて第7期クレッシェンドが始まります。 
今日の気付きを、ぜひクレッシェンド当日にも活かしていただければと思います。

今後も当HPにて、授業の様子なども発信していきますので ぜひご覧いただけると幸いです。

D×Pサポーター、募集中!

D×Pが、通信制・定時制高校で開催するこの授業。『クレッシェンド』は、寄付によって運営されているんです。

2017年度、D×Pにご寄付をいただいた方は656名。わたしたちの価値観に共感し、一員になってくださったたくさんの方々に支えられています。

ぜひ、あなたも。D×Pの価値観を、一緒に大きく広げるサポーターとなってください。

D×Pを寄付で応援する

ページトップへ