D×Pは、否定しない。ちゃんと高校生の存在を見るし、自分の存在を見てくれる。- D×Pインターン企画運営スタッフインタビュー第4弾

認定NPO法人D×P(ディーピー)が、
通信・定時制高校で行っている「クレッシェンド」などのプログラムの
企画・運営に携わるのが、D×Pインターン企画運営スタッフ(旧:教職インターン)です。
 
今回は2015年4月から企画運営スタッフとしてD×Pに携わり、
インターン2年目を迎えた近畿大学総合社会学部4回生の
野津岳史さん(愛称:もずく)に、話を聞いてみました。
 
インターン企画運営スタッフのインタビュー第4弾です。
 
 もずく記事アイキャッチv2
【もずくプロフィール】
身長190cm。D×Pのやさしい巨人。ニックネームの由来は「野津くん→のづくん→もずくん→もずく」なのか、「髪の毛がもずくみたいだから」なのか、真相はよく分からない。 
 


 

「お前なんかもういらんねん」って言われて

 
ーーD×Pを知ったきっかけは何ですか?
 
もずく:最初は友人経由でD×Pの存在を知りました。友人が週末にどこか行ってたので、聞いてみたらD×Pのコンポーザーとして通信制高校の授業に参加してたんです。別に勧められたわけじゃないけど、その日の夜ネットでD×Pのホームページを見て、すぐに「インターンに興味がある」ってメールを送りました。
 
 
ーー通信・定時制高校での授業に興味があった?
 
もずく:通信制・定時制高校に対して特別興味があったわけじゃなくて、しんどい背景を持った生徒が多いという意味で関心を持ちました。大学で心理学を専攻しているのもあるけど、僕自身、高校生の時にしんどい思いをしてきたから。
 
僕はバスケの推薦で高校に入ったんですけど、1年生の時に怪我をしてあまり部活に行けなくて。そのせいで部内で仲間外れにされたりして、もう部活が、というか学校自体が嫌になって。
ちょうどその時、親との関係もすごく悪かった。学校にも家にも居場所がなくて、1ヶ月くらい家出して放浪生活をしていました。学校にも行かず、家にも帰らず、友達の家を渡り歩いたり、その辺の公園でぼーっとしてたり。
 
その時は親と話し合って、家に帰ることはできたんですけど、部活はやっぱり辞めようと思って。でもスポーツの推薦入学だったから、「部活やめたら学校も辞めなアカン。もう、終わりや」って思って。それで2週間くらい学校行かずに家に引きこもってました。
 
でも結局、先生が話を聞いてくれて、部活を辞めても学校を辞める必要はないことを知りました。今思えば、部活辞めたからって「全部が終わり」なわけじゃない。でも高校生の自分が知ってる世界ってすごく小さくて、「終わりや」って引きこもってしまうのも当たり前やなって感じて。あのときD×Pのクレッシェンドみたいなものがあれば、そんなこと思わなかったんだろうな。
 
家出した時、親から「お前なんかもういらんねん」って言われて。そういう否定される経験がこれまでにも沢山あった。D×Pの存在を知って、D×Pの基本3姿勢がすごくいいなって思いました。
※ D×Pの基本3姿勢
・否定しない
・年上/年下から学ぶ
・様々なバックグラウンドから学ぶ
 
D×Pは否定しない。ちゃんと高校生の存在を見るし、自分の存在を見てくれる。そんなところに魅力を感じました。
 
 
 01
 
 

「この空間はゆるくてもいいんや」と思ってもらえる空気づくり

ーーもずくにとって初めての、通信制高校でのクレッシェンドはどうだった?
 
もずく:想像していたものとは違いましたね。人と関わることにしんどさを感じる生徒が多いってイメージだったんですけど。確かに、そういう生徒もいたんですけど、みんなけっこう普通にしゃべるし、積極的に話しかけてくる生徒もいたりして。当たり前なんですけど、やっぱみんな普通の高校生やなって。
 
 
ーー最初はどんな意識を持って授業に参加してた?
 
もずく:「コンポーザーさんがやりやすい空気づくり」を意識してました。高校生とメインで関わるのはコンポーザーさんだから、僕は企画運営スタッフとして上手くサポートができたらいいなぁって思ってました。
※コンポーザー:D×Pの社会人・大学生ボランティアのこと
 
あとは、毎回の授業でやるワークの目的はすごく意識して動いていました。「シゴトはっけんカルタ」は職業の多様性を知るため、「過去のジブン」は高校生が自分の経験を相対化するため、みたいに。今も目的は考えてますけど、以前よりは意識しなくなったかもしれません。
 
 
ーーそれはなんでだろう?
 
もずく:最初はたぶん、それだけに注意するくらいしか余裕がなかったから。その目的のためだけにしか、力を入れられなかったんやと思います。今はそれに加えて、「この生徒とどんな関わりをしたらいいか」、「どんなふうにサポートしたらいいか」、「どんなグループ分けにしたらいいか」とか、そこまで考えられるようになりました。そういう意味で、意識の割合が変わってきたかな。
 
 
ーー他にも企画運営スタッフはいるけど、その中で自分なりの役割は意識してる?
 
もずく:まだ自分だけの役割は分からないんですけど、教室で自分にしか出せない雰囲気というのはあるのかなって今は思ってます。僕はめちゃくちゃ喋りが上手かったり、何かが得意なわけじゃないけど、なんとなくゆる〜い雰囲気を出すのが、たぶん得意なんやなって最近感じていて。
高校生が話したくなければ、話さなくてもいい。だから僕から無理に高校生に話しかけたりすることもありません。「この空間はゆるくてもいいんや」「無理しなくてもいいや」って高校生にも思ってもらえるような空気を作りたいなって意識してます。
 
 
 02
 
 

「この授業、やる意味あんのかな?」

 
ーーインターンをやっていて、しんどくなったことはある?
 
もずく:最初の頃はとにかく楽しかったんですけど、2015年の秋頃から始まった定時制高校の授業でしんどくなったことはありますね。通信制高校でのクレッシェンドでできていたことが、その高校では全くできない。「この生徒とはこんな関わりをしたい」「この生徒とはこんな話をしたい」って、イメージは自分の中にちゃんとあるのに、それができなくて。まったく心が開けず、しゃべれなかった生徒もいました。授業で行うユメブレとか、自分史とかのプログラムも全然うまくいかなくて、「この授業、やる意味あんのかな」って思ってました。
 
 
ーー自分の中で、その課題に対する答えは出た?
 
もずく:正直、その授業そのものになにか意味があったのかと聞かれると、今でもわかりません。だけど、その学校では授業を終えたあとも何度かアフタークレッシェンドを開催したので、高校生と継続的に関わる機会を持つことができました。
 
授業を受けた生徒たちとコンポーザーさんと一緒に体育館でバスケしたり、たこ焼きパーティーを開いて、いろんな話をして。そんな風に継続的に関わることによって生徒たちにとって「しゃべってもいいや」って思える大人ができたことにはすごく意味があるんじゃないかなって思います。
※アフタークレッシェンドとは
D×Pの授業(クレッシェンド)後の、高校生との継続的な関わりの場。たこ焼きパーティーやスポーツ大会を開催し、授業に参加した高校生とコンポーザー、スタッフが集まります。
 
それでもD×Pの授業での関わりだけではやっぱり限界があると思います。1回目の授業には参加できたけどそれから来れなくなったり、2回目まで来れたのにそれから来れなくなったりする生徒もいて。「自分がやったグループ分けでその生徒にしんどい思いをさせたのかな?」とか、「もっとできることあったんちゃうかな?」っていう風に思ったりもします。でもそれは僕一人で悩んでも埒が明かないので、D×Pのスタッフとコンポーザー、先生、授業に関わるみんなで考えていきたいと思ってます。
 
そして、しんどさを抱えた生徒に対して、なにかできるのはD×Pだけじゃない。以前、クレッシェンドの1回目だけ頑張って来れたけど、やっぱりしんどくなって2回目以降は欠席した生徒がいて。この前、その学校の遠足の写真を見ていたら、その生徒が写真に写っていたんですよ。その生徒が他の生徒と一緒に遠足に行って、楽しそうにしている写真で。なんか、良かったなって思いました。僕らはD×Pの授業だけでなんとかしようとしてるわけじゃない。学校には学校で、D×PにはD×Pでできることがある。お互いにサポートしあって、お互いができることをやればいいかなって思うようになりました。
 
 
03
 
 

ぼくがD×Pでインターンを続ける理由

 
ーーもずくはD×P以外でもいろんな活動をしていたり、学生団体の代表をやっていたりするけど、大変ではなかった?
 
もずく:2015年は他に2つの団体に所属していて、D×Pとの気持ちの切り替えがなかなか上手くいかず、ちょっと大変でした。でも、D×Pで学んだことが他の活動で活かされたり、その逆もあったりして、それがすごく面白くて。しんどい時もあるっちゃあるけど、それよりも学んだことが活かされる瞬間がすごく楽しいので。
 
 
ーーD×Pでインターンをして学んだことってなに?
 
もずく:人の話を聞くようになったことだと思います。D×Pではそんなことないんですけど、所属してる他の団体では主張が強くて。基本的に「自分の意見は正しい」って思ってたんですよ(笑)団体の代表だったから「トップが簡単に意見を曲げるわけにはいかない」って思いもあったんですけど、D×Pの会議とか授業の現場に行くようになってから、それは違うなって思うようになりました。
 
まず周りの意見を聞いて、自分の意見もちゃんと言って、それを踏まえてみんなで話をして、良いもんができていくってことが実感できるようになって。D×Pの基本3姿勢が他の場面でも活かされてるなって思います。
 
 
ーーもともと1年間の予定でD×Pに入って、さらにもう1年、インターンを続けようと思った理由は?
 
もずく:やっぱり、この1年間で「授業だけじゃなんもできんかったな」って生徒がいっぱいおるし、「その後どうなったんかな」って気になる生徒もいます。それに、やりたいことがもっと増えてきたから。当初は授業の企画とか、「生徒と関わること」がすごくやりたいって思ってました。でも今はそれだけじゃなくて、授業以外での企画とかもやりたいと思うし、コンポーザーさんがもっとやりやすいような仕組みづくりをD×Pで一緒に考えたいなって思う。
 
たぶん去年の夏、ただただD×Pが楽しいだけだった頃は、もう1年続けようなんて思いもしなかった。夏以降、しんどい現場が増えてきて、「何もできなかった」とか、「もっとこうしたい」って思うことも増えてきて。そんななかで辞められへん、辞めたくない。なんか、やりたいことばっかり増えてきて、もう1年やりたいなって思うようになりました。
 
 
ーーこれからのD×Pでのインターン、どういう1年にしていきたい?
 
もずく:目に見える成果を残したいと思っています。ずーちゃん(元インターン)がつくった「女子会」だったり、さえこさん(元インターン)の「アート部」だったり、みんなそれぞれの特技を生かしていて、すごくいいなって思います。僕は何かそういう特技があるわけじゃないけど、インターン生のなかではたぶん僕が一番、D×P以外のいろんな活動をしてきてると思う。それを生かして、D×Pで高校生との関わりの場をつくっていきたい。
あとは、インターンの中で僕がこれまでに教えてもらったこと、学んだこと、それを新しいインターンのみんなに伝えていきたいです。
 
 
04
 
インタビュー・テキスト:荒木雄大(D×Pインターン 広報スタッフ)

D×Pでは、企画運営スタッフを募集しています。

共に、D×Pの場をつくっていきませんか?※詳細は画像をクリック
 
intern_A5_0411_omote

 

ページトップへ