「”自分は嫌われている”と思っていたけど、いまは”そこまでじゃないかな”と思います」クレッシェンド第4回@ECC学園高校京都学習センター

2015年7月4日(土)ECC学園高校京都学習センターにて、第4回クレッシェンドが開催されました。

 

「クレッシェンド」とは…?
通信制高校の生徒のためのキャリア教育プログラムです。

社会人・大学生ボランティア(コンポーザー)との交流を柱として、生徒の自己肯定感の向上と社会関係資本の獲得をめざしています。
クレッシェンドでは1クラス(最大10名の生徒)に対して3ヶ月間で全4回の授業を行います。

1回目の授業のテーマは「失敗なんて当たり前 ! 」。
様々なバックグラウンドを持ったコンポーザー(社会人・学生ボランティア)が、過去のトラウマや辛かったことなどについて高校生に話しました。

2回目の授業のテーマは「みんなの生活みてみよう ! 」。
大人たちから、今までどんなふうに進路を決めてきたのか?
また、今はどんな生活をしているのか?進路選択の悩みなども含めて、話を聞きました。

今回、3回目の授業のテーマは「みんなでユメブレ♪」。
「いまちょっと興味のあること」から「将来こんな風に生活してみたいなぁ」ということまで、1人ひとりの想いを聴き合います。

全4回のクレッシェンドも、いよいよ最終回。
はじめて出会った頃とは違い、すっかり顔なじみになった高校生とコンポーザーたち。

授業前、大人たちが打ち合わせをしている教室を、じーっとのぞく高校生もいて、ちょっと嬉しい気持ちになりました・・・♪

4回目、最後の授業の目的は、これまでの3回の授業を振り返ることと、お互いがこれまで感じて来た「その人の印象」を伝え合うことで、今まで知らなかったような自分の側面を知ることです。

 

10時半、まずは午前のクラスから始まります。
今回は「ジョハリの窓」というゲームからスタートしました。

「ジョハリの窓」とは…?

一言でいうと、”自分が周りからどう思われているのかを知るゲーム”です!それぞれチームに分かれて、「A , B , C , D , E」と、アルファベットが書かれたカードが配られます。そのカードを使いながら、いろんなお題に沿って、チーム内の人の「印象」を伝え合います。
スタッフがお題を設定するので、そのお題に沿って進めていきます。

例えば、「小さい頃はどんな子だった?」というお題があったとします。

これを聞いて、まずチームの1人の印象を考えます。そして、自分の考えと当てはまるカードを用意します。
このお題で用意された、選択肢はこんな感じ。

A. やんちゃ

B. 真面目

C. いじられ役

D. ませてる/大人びてる

自分も含むチームの全員がカードを出します!
「周りから見ての印象」と、本人がおもう「自分の姿」が、違っていても、同じであっても、どちらもとても盛り上がります。

18887120784_3a4bd131ff_b

 

カードを見ながら、「うーん・・・」と悩む高校生もいれば、お題が出された瞬間、「◯◯ちゃんはコレやな ! 」と即決する高校生もいました。

 

「将来どんな仕事をしてそう?」というお題のとき、いつもは恥ずかしいのか、自分の考えをあまり口にしない高校生が、ひと通りみんなから自分へのイメージについて話を聞いたあと、

自分と同じ境遇の子を助ける仕事もいいかもな・・・まぁ、面倒くさいからやらんけど。

 

と、ボソッと話していたのが印象的でした。

 19321680320_6be05f8f60_b

 

「ジョハリの窓」のあとは、「ジョハリの手紙」というワークをします。

「ジョハリの窓」とは違い、お題がなく、自由に、このクラスの大人たちや高校生たちの「印象」を手紙に書いて伝える、というワークです。

18887110044_1583f2bdf1_b

 

相手の顔をちらちらっと見ながら、スラスラと相手の印象を書く人もいれば、相手との会話をじっくり思い出しながら、ゆっくりと書き進める人もいました。

18887111694_8a3dcdd323_b

 

ジョハリの手紙が書けたら、一斉に交換し合います。

19321670940_5af5a1b259_b

 

「ふだん、とりとめのないお喋りしている友達に、改めて印象を伝え合う」ということは、ちょっと気恥ずかしさもあるのかな・・・?

多くの高校生が、「・・・はい ! 」とカードを渡すだけで、そこに書いてある内容について、多くを語ることはなかったように思います。

19323110339_b68b9b3ded_b

 

それでも、受け取ったカードを、ニコニコと嬉しそうに眺める高校生がたくさんいました。

19509609975_7d21e1e9b4_b

 

カードを交換したあとは、その日の学びを振り返る「学びシート」を記入します。
今日の授業の感想を、高校生はこんなふうに書いています。

“自分は嫌われている”と思っていたけど、いまは”そこまでじゃないかな”と思います。

 

“権力とか財力が大事”って思ってたけど、”自分”も大事やなぁーと思った。

 

とりあえず、いまを楽しむ!友達をめっちゃ大事にして、その想いを少しでも伝えられるように頑張る。

 

いま、ここにいる友達ともっと仲良くなりたい。

 

卒業したときに、”高校も楽しかったし、この進路を選んでよかったなぁ”と思える将来にしたい。

 

 

19321665510_1e94d1ceaf_b

 

最後にサプライズで色紙をプレゼントしました。

大事そうに色紙を抱え込む高校生の姿を見て、「みんなと出会えて良かったなぁ・・・」と強く思いました。

19323106419_f833ff5657_b

19509591955_d4f0ff73be_b

——————————————————————————————————————————-**————-

15時からは、午後のクラスが始まります。
午後のクラスも、「ジョハリの窓」からスタートしました。

CRZS1454

CRZS1443

 

「小さい頃の印象で、”本を読んでそう ! “って言われたとき、当たってるな〜って思った 」

「”人を助けるやさしい人”って言われて嬉しかった」

「”大人っぽい”って言われてびっくりした。自分ではそんな風に思ってなかった」・・・

CRZS1474

 

「恋人に求める条件は?」という質問のとき、
「◯◯ちゃんは、〝趣味が合うかどうか?〟を重要視しそうだなぁ〜」 と言われた高校生が「わたしは〝顔が大事〟って思っているのにな〜〜」と話す場面もあり・・・ ! 

終始、笑いにつつまれた時間でした。

CRZS1519

 

ジョハリの窓が終わったあとは、ひとりひとりに向けて手紙を書きました。

CRZS1581

CRZS1633

 

たくさんおしゃべりしたことのある人に対しては、スラスラとペンが進む一方で、あまり話したことのない人に対しては、なかなか何を書こうか迷っている様子も見られました。

CRZS1595

CRZS1617

 

手紙が書けたら、一斉に交換し合います。

CRZS1634

CRZS1664

 

実はこの手紙、授業に参加しているコンポーザー同士も交換し合います ! 

3ヶ月にわたって一緒に授業をつくってきたコンポーザー同士、伝えたいことがたくさんありすぎたのか、小さな字でびっしりと書かれた手紙をもらって驚くコンポーザーもいました。

CRZS1669

CRZS1639

 

もらった手紙をテーブルに持ち帰って、
嬉しそうに眺める高校生の笑顔が印象的です。

CRZS1673

CRZS1672

 

手紙を交換したあとは、少しの間、自由におしゃべりする時間をとりました。

CRZS1628

あるグループには、今まで「◯◯大学に行きたいって言ってたけど、本当は大学に行きたくなんかないんだ」と、コンポーザーに話す高校生もいました。

このクラスの生徒たちに限りませんが、「やりたいことに突き進んで行きたい」と話す人も多くいる一方で、「自分はやりたいことなんかないのに、周りからのプレッシャーで大学を目指さないといけない」「本当は◯◯になりたいのに、自分にはどうせ無理だから」などと話す人も少なくありません。

CRZS1715

CRZS1717

 

高校生の話を聴くひとりの大人として、
こんなとき、いつもどんな言葉を返したらいいのかとても悩みます。

「こんなこと言ったら傷つけちゃうかなぁ」「これは私の意見の押しつけになってしまわないだろうか…」いろんな選択肢が頭のなかを駆け巡ります。

CRZS1661

 

でも、不思議なことに、話を続けていくと、高校生自身のなかに「自分の答え」みたいなものがあるなぁと感じることが少なくありません。

「大人が答えを用意してあげなきゃいけない」「コンポーザーだから、導いてあげなきゃいけない」なんてことはなく、コンポーザーの「わたしはこう思うよ」という意見を聞きながら、高校生が自分で答えを探して行く。

・・・クレッシェンドでは、そんなようなことがたくさんあるなぁ。と改めて感じました。

CRZS1501

 

授業に参加したコンポーザーの声を一部、掲載します。

今までの授業で話したことのある高校生とばかり話してしまった・・・いろんな高校生ともっと話せたら良かったのかなぁ。

 

自分から話をすることが苦手な高校生が、授業が終わっても教室に残っていて、みんなの輪の中に入ろうとしていたのが嬉しかった。心地良い居場所になれたのかな。

 

わたしも、”知らなかった自分”に出会えたかなぁ!と思います。高校生と関わるなかで、”あ〜こういう自分もいたのか。面白いな!”と・・・。

 

 

CRZS1462

 

後日談ですが・・・

8月1日(土) 、午後クラスに参加していた高校生たちをD×P事務所に呼んで、タコ焼きパーティーをしました ! 
※午前クラスの開催日は台風と重なってしまいました・・・ ; ;

 

P1050558

 

高校生のみんな、いつでも事務所に遊びにきてくださいね☆

D×Pサポーター、募集中!

D×Pが、通信制・定時制高校で開催するこの授業。『クレッシェンド』は、寄付によって運営されているんです。

2017年度、D×Pにご寄付をいただいた方は656名。わたしたちの価値観に共感し、一員になってくださったたくさんの方々に支えられています。

ぜひ、あなたも。D×Pの価値観を、一緒に大きく広げるサポーターとなってください。

D×Pを寄付で応援する

ページトップへ