「写真」というツールで、つながる。-D×P写真部活動記録 vol.5

(文責:D×P広報インターン 荒木雄大)
 
みなさん、写真は好きですか?
 
僕は大好きです。毎日のように何気ないモノをケータイで撮っています。
そのケータイで撮った写真はSNSに投稿して、
たまに誰かがコメントをくれると、ちょっと喜んだりしています(笑)。
最近のケータイのカメラって、けっこう綺麗に撮れるんですよね!
僕にとって写真は本当に手軽で、身近な存在になりました。
 
高校生と話をしていると、本格的なカメラは持っていないけど、
同じようにケータイで普段から写真撮影を気軽に楽しんでいる子が結構いるなと感じます。
 
そんな身近な存在である写真を通じて、
高校生同士がゆるやかにつながる場「D×P写真部」の活動をご紹介します!
 
 IMG_7454
 
 

2015年4月25日、写真部の活動が行われました!

※過去の写真部の様子はこちらからご覧いただけます。
vol.1vol.2vol.3vol.4
※写真部メンバー4名が開催した写真展の様子はこちらから!

写真部はカメラに詳しい卒業生による写真講座から始まります。
この日は写真を撮るときの「構図」について。
写したい人や物を写真のどこに配置すればよいか。
何気ない写真でも、この「構図」を意識することで、
本当に見違えるような写真になります!
写真部に初めて参加する生徒でも理解できるように、
写真講座を担当する卒業生がスライドを用意して、
分かりやすく説明してくれました。

IMG_7386
 
IMG_7398
 
 

みんなでお昼ごはんを食べたあとは、いよいよ外に出て写真を撮ります!
この日の活動の舞台は、大阪城公園。
天気も良いので、みんなで歩いて向かいます!

IMG_7427

 

公園の入り口に着くとすぐに、突然1人の生徒がしゃがみ込み始めました。
近づいてみると、どうやらさっそく公園に咲く小さな花を撮っていたようです。
その姿を見て、また別の生徒が言いました。

「相変わらず寄って撮るの好きやな〜(笑)」

写真の撮り方は人それぞれ。ちょっとしたことでも生徒の“らしさ”が出てきます。
写真部の活動を通して生徒同士がその人“らしさ”を分かりあっているようでした。

IMG_7432

 

今回は、初めて「テーマ」を定めての写真撮影に挑戦してみることにしました。
今回のテーマは、「新緑」。
具体的に撮る対象は縛らずに、各自が思い思いの「新緑」を切り撮ります。
好きなモノを自由に撮るのも楽しいけれど、
あえて曖昧なテーマを決めることで、
生徒たちそれぞれの“らしさ”が、より一層際立つのだと思います。

集合場所と時間だけ決めて、今日も自由に公園を周ります。
ひとりで、自然を感じながら歩いてもいい。
誰かといっしょに、話をしながら写真を撮ってもいい。

IMG_7452

 

この日の大阪城公園は日差しが強くとても暑かったので、
木陰で休憩も取りながら。

IMG_7472

 

撮影を終えた後は、D×Pの事務所に戻り、
それぞれが撮った写真を見せ合う「ちいさな写真展」をやりました!
生徒一人ひとりの感性で切り撮った「新緑」の中から、
それぞれのお気に入りの1枚を選んで、現像します。

自分が撮った大切な写真を実際に現像して手にとってみると、
画面越しに見るのとはまた違った良さを感じることができました!

IMG_7532

 

現像したお気に入りの写真には、その写真のタイトルとストーリーも考えます。 ファインダー越しに見たその景色、その瞬間に、 自分が何を感じ、何を思って、シャッターを切ったのか。 すぐに書ける生徒もいれば、じっくり考える生徒の姿もありました。 そうして出来上がった写真と文章は、ホワイトボードに展示しました。

すぐに書ける生徒もいれば、じっくり考える生徒の姿もありました。
そうして出来上がった写真と文章は、ホワイトボードに展示しました。

IMG_7548

 

IMG_7551

でも、これで完成ではありません!
展示された他の人の写真を見て、ストーリーを読んで、
次は作品に対するコメントを付箋紙に書きます。
その人がどんなことを感じ、どんなことを思って写真を撮ったのかを知り、
それを見て自分が何を感じて、何を思ったのかを伝えます。

「緑色の真珠があったら、こんな感じなのかも」
「この下で昼寝したら気持ちよさそう」
「ヤモリって外にいるんや・・・かわいいなぁ!!」

そうしてようやく、この日のD×P写真部の「ちいさな写真展」は完成しました!

IMG_7555
それぞれが撮った写真を展示したホワイトボードが…
 
 
IMG_7556
みんなのコメントが書かれたピンク色の付箋紙で埋まりました!
 

今となりにいる友だちと写真を撮って、
好きな写真を現像して手にとって、自分の想いを言葉にする。
そして同じ時間を共有した友だちと写真を見せ合い、感じたことを伝え合う。

写真というツールを通じて、繋がり合う場。
それが、D×Pの写真部です。
今回も、参加した一人ひとりに新たな繋がりが
生まれていたらいいな…と思います。

IMG_7560
 
今回また一人、写真部に新しい高校生が参加してくれました。
他の写真部メンバーの、参加したての頃と同様に、ちょっと緊張しているように見えましたが
この日の活動が終わる頃には写真部に馴染んでいたように感じました。
生徒たちにまた新しいつながりが生まれたことを嬉しく思います。
 
そして今回の活動で、正式に写真部の代交代も行われました。
これまではまだ卒業生を中心に活動していた写真部ですが、
次回からは少しずつ高校生の部員を中心に動いていきます!
生徒たちにとって、頼りになる先輩が抜けるのは、
不安もあり、なによりも寂しいものだと思います。
だけど、卒業生たちもまだ完全に抜けるわけではありません。
まだまだ遊びに来てくれます。
後輩たちを応援し続けてくれます!
 
僕らD×Pスタッフには、彼らの代わりはできないけれど、
僕らにできることを、影ながら精一杯やっていこうと思います。
 

ページトップへ