「1人1人が納得のいく、進路選択をできるように。」塔南高校授業報告 vol.1

 

「私が心配しているのは、生徒たちが将来に絶望していることではありません。
 彼らが「将来」という概念を十分に形成できていないことです。」

 

Image - Jul 1, 26 Heisei 14.28.06

 

京都市立塔南高校(全日制)の先生から、D×Pに連絡があったのは2014年の冬のこと。

 高校生に「進路のこと、どう考えてる?」と聞いても、
「…?今は、なんとなく学校が楽しいから、それでいいんです」
「どうやって進路を決めたらいいか、わからない。」

…今が精一杯、将来のことは、よくわからない。
こういった想いを抱えているのは、通信制高校や定時制高校の生徒だけではありません。
どんな学校に通う高校生にとっても、先生にとっても、共通の課題なのだと知りました。

「1人1人が納得のいく、進路選択をできるように。」
そんな想いから、今年度、塔南高校で総合学習の授業をすることになりました。

ふだん「クレッシェンド」を通信制の高校で実施することが多いD×Pにとって
全日制高校で授業をする、ということは、新たな挑戦となりました。

 

また、以前から「一緒に何かできたら」という話があった、
株式会社LITALICOさんとも、今回一緒に授業を進めていくことになりました。

※LITALICOさんとの、授業前の研修の様子は、こちらから。

DSC_0707DSC_0710 

塔南高校では、高校2年生30人のクラス×5クラスの授業を担当しています。

1クラスにつき、1〜3人のD×Pスタッフと、3〜4人のLITALICO社員さんが入り、高校生と関わっています。

半年間で9回のプログラムです。

☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆

授業は、2014年6月24日からはじまりました。
1回目の授業のテーマは「みんなのことを知ろう ! 」

はじめて出会う、おとなたちと高校生。お互いのことをまずは知る。
「これからよろしくお願いします」の気持ちをこめて、「マトリクス自己紹介」をしました。

※マトリクス自己紹介とは…?
 9つのマスにいろんなお題が書いてあるシートを使います。
 まず、1人1人、そのお題に答える形でマスを埋めます。
 その後、クラスの人とシートを見せ合い、自己紹介をしていきます。
 自分の書いた内容と、他の人が書いた内容がかぶっていたら、◯をつけます。
 ◯がビンゴになることを目指して、沢山のひとと自己紹介をします… !

Image - Jun 24, 26 Heisei 14.28.10

  

すぐに◯の数が増えビンゴになる人もいれば、中々◯がつかず、ビンゴにならない人も… !

「ビンゴにならなくても大丈夫、それだけ個性があるってことだから ! 」

そう伝えると、ちょっとほっとした顔の高校生たち。

 

「いろんな人がいるんだ」ということ、
「それぞれ好きなことや興味のあることが違って良いんだ」ということ。
当たり前のことのように聞こえますが、「他人と違う」ことを気にしたり、
恐れたりすることは、特に中高生の間によくあることだと思います。

 

そして、授業の終わりに、高校生たちにこう伝えました。 

「この授業では、〝否定しない〟ということを大切にしたいと思っています。」

D×Pが授業運営にあたって一番大切にしていることは「否定しない」ということです。
スタッフは、あなたたちが何を言っても、何をしても、否定しない。
一人のひととして、尊重したいということを、伝えました。

このことを伝えると、少し驚いたような顔をする高校生もいました。

Image - Jun 24, 26 Heisei 22.56.16

今回のプログラムに参加してくれている高校生は、全部で220人ほど。
元気いっぱいの高校生、シャイだけど大人たちの話にしっかり耳を傾ける高校生
部活や勉強で疲れているのか、少し眠たそうな高校生…

本当にいろんな高校生と出会いました。

これだけ多くの高校生と、たった9回の授業の中で、どれだけ関わることが出来るのか。
正直不安もありますが、その時その時、向き合って、関わっていきたいと思います。

 

☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆

 

1回目の授業から1週間後、早くも2回目の授業が行われ
その2週間後には3回目の授業が行われました。

2回目と3回目の授業のテーマは「失敗なんてあたりまえ ! 」
大人たちが、過去に失敗した経験から学んだことなどをお話します。

DSC_2686

塔南高校の授業でも、通信制高校でのプログラムと同じように
高校生は毎回「学びシート」という、その日の学びを振り返るシートを記入します。

2,3回目の授業の感想を、高校生はシートを通して、こんなふうに教えてくれました。

 

「失敗はダメなことだし、恥ずかしいことだと思っていたけど
 そうじゃなくて、失敗するからこそ気づくこと、学ぶことがあると思った。」

「似てるな〜と思うところがあって、共感することができました。」

「やる気がなくなったら、止まってもいいんだなと思った。
 無理に前に進もうとしなくてもいい、自分の信じた道を進んだらいいんだと思った。」

「この大学は有名だからここにしよう、ではなくて
 自分が本当にいきたいのか、考えようと思った。」

「進路のことをそろそろ考えないといけなくて、周りのこととかも考えてしまうけれど
 やっぱ人それぞれやりたいことはちゃうから、自分なりに考えて行きたい。」

 

Image - Jul 15, 26 Heisei 14.05.56

 

中には、「大人のことは好きじゃない、けど、共感できた。」

と話してくれた高校生もいました。

Image - Jul 1, 26 Heisei 14.06.47

 

高校生の頃、大学生の頃…
いろんな「失敗」や「トラウマ」を抱えながらも
生きてきた大人たちが学んだことはさまざま。

とにかく元気な高校生も、
静かに大人の話に耳を傾ける高校生も、
大人たちの話を聞いて、いろいろなことを思ったようです。

☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆—–★—–☆

夏休みが空けて、8/26には第4回目の授業をしました。

この日の授業のテーマは「いろんなシゴトを知ろう!」

「おシゴトはっけんカルタ」という取り組みをしました。

IMG_6427

このカルタ、ただのカルタではありません!
写真のとおり、カルタには、様々な職業が描かれています。

まず、

1.どんな人にむいているか

2.なるためにはどうすればいいか

3.どんなおシゴトか

の3つの質問に対する答えを聞ききます。
そして、その職業がどのような職業かを、カルタをヒントに当てるゲームです。

例えば、最初に、
「あなたのシゴトに就くためには、どうしたら良いですか?」
「まず、国家資格を取得する必要がありますね。」
というようなやり取りを、聞きます。

すると高校生と大人たちは、目の前にあるカードの山を見て、
「国家資格が必要なシゴト」と「そうでないシゴト」を分けて行きます。
こうして、職業をあてていくという取り組みです。

各クラスとも大盛り上がりで、

「介護ヘルパーとケアマネージャーの違いって何なん?」

「ドッグトレーナーの資格って通信講座でとれるんや~」

「体力が必要で正義感が強いって消防士ちゃうん?」

「でも警察官もありえるで!」

と様々な職業に関心を持ちながら、楽しそうにゲームに取り組んでいました。

カルタには、警察官、タクシードライバー、薬剤師などメジャーなものから、
ディスパッチャー、ケアマネージャー、お米マイスターなど大人も知らないようなシゴトまで、
幅広いジャンルの職業が描かれています。

ゲームを通じて、世の中にあるシゴトや生き方の多様性を知ってもらえた様子でした。

 

塔南高校での授業は、全9回!
今回は第1〜4回目までの授業の様子をお届けしました。

第5〜9回の授業の様子は、11月頃にお届けしたいと思います。
どうぞお楽しみに!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2014年度塔南高校 スポンサー企業様

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下は、京都市立塔南高校での授業の実施にあたり、
ご協賛くださった企業様・個人様です。

公立高校での授業は、学校から費用を頂戴することが難しいため、
D×Pでは「学校スポンサー制度」として、各学校で授業を実施するための
1口10万円のご寄付制度をご用意しています。

以下のみなさまのご協賛により、開催することができました。

心より感謝申し上げます!

(順不同)

株式会社LITALICO 様

株式会社LITALICO(りたりこ)様は、学習塾、幼児教室の運営事業や、
障害児支援事業を実施されている企業です。

この度は、ご寄付に加えて社員の皆様のうち数名の方々を
コンポーザー(生徒に寄り添うD×Pの社会人ボランティア)としてご派遣くださいました。
ご支援、ありがとうございます。

LITALICOロゴ_ページ_08

長谷ビルディンググループ様

長谷ビルディンググループ様は、「人と街、伝統と未来がひびきあう都市空間の演出を。」をビジョンにかかげ、
京都にて、不動産賃貸業やホテル事業などを行っていらっしゃるグループ企業です。ご支援、ありがとうございます。

長谷ロゴ.jpg

 

 

有限会社サワキ様

有限会社サワキ様は、京都・宇治市にて、家具・寝具・雑貨を販売されている企業様です。
一歩入るだけでワクワクしてくる、スタイリッシュな店内です。ご支援、ありがとうございます。

サワキ

 

福武 純子様

福武純子様には、京都市立塔南高校および11月に実施予定の
大阪府立春日丘高校(定時制高校)での授業実施のためのご寄付を頂戴しています。
多大なご支援、誠にありがとうございます。

ページトップへ