【終了】授業「クレッシェンド」で高校生はどう変わる?-D×P活動説明会 in兵庫-

2017.07.28 開催

D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生に
「つながり」と「経験」の機会をとどけるNPOです。

私たちは高校生に対して「クレッシェンド」という授業を提供しています。

「クレッシェンド」は、通信・定時制高校で行っているD×Pの独自プログラムです。
多様なオトナとの関わりを通じて
高校生が過去を受け入れ、未来を描くことを目的とした授業です。

プログラムの最後には、高校生が
「このオトナになら自分のことを話してもいいかな」と思えるような、
オトナと高校生の関係づくりを目指しています。

おかげさまで、「クレッシェンド」を
団体として初めて、兵庫の定時制高校で実施することが決まりました!
みなさまに感謝の気持ちを込めて、西宮にて活動説明会を開催いたします。

実際にこのプログラムを通じて高校生がどのように変わったのか、
代表の今井と、この数年たくさんの高校生に
出会い関わってきたスタッフの金子がお話します。

ぜひご参加ください!
日時

2017年7月28日(金) 19:00 〜 20:30 (開場18:45)

会場

西宮市市民交流センター

兵庫県西宮市高松町20番20号

兵庫県西宮市高松町20番20号
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


■プレゼンターについて

今井 紀明

認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長 
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。

 

金子祐樹
1992年新潟生まれ。神戸市外国語大学卒。
大学在学中の2014年9月よりインターン生として参加。2016年4月より正職員として入社して、現場運営を担当している。これまでの30校(クラス)以上の現場に入り、150名のコンポーザーとともに300人以上の生徒たちとかかわってきた。「目の前の生徒がもつ可能性をあきらめない」をモットーに日々現場に参加している。

記事作成日時:2017年06月09日

お申し込みはこちら

ページトップへ