若者の孤立と向き合うNPOの活動を支える労務マネジャー候補募集

こんにちは、認定NPO法人D×P(ディーピー)です!若者の孤立と向き合う活動を支える労務マネジャー候補を募集します。

わたしたちは2010年の創業以来、若者の孤立について向き合い続けてきました。設立当初はインターン生も含めてわずか4名ほどでスタートしましたが、今年40名を超える組織規模となりました。D×Pでは2012年より、学校のなかに居場所をつくる定時制・通信制高校事業、2019年より、10代のためのLINE相談ユキサキチャット事業(および現金給付・食糧支援)、また2022年より繁華街の10代に新しいセーフティネットをつくるためのユースセンター事業を行っております。

これらの事業はすべてスタッフだけではなく、すでにある多くの行政機関や民間企業による取り組みとの連携や、インターン生やボランティアスタッフと共に創り上げてきたものです。少しずつではありますが、共に目指し取り組む仲間が確実に増えてきたことで、4名ではできなかったことができるようになった一方で、多様な関わり方・働き方に対応する必要性も出てきました。そこでわたしたち経営管理部は改めて自分たちの目指すべきミッションを振り返りました。

経営管理部のミッションは「持続可能な組織を目指し、NPOバックオフィスのフロントランナーになる」ことです。
D×Pの経営管理部は、持続可能な財政基盤をつくり、ルールをつくり、持続可能に働き続けることができる環境をつくります。そしてこれから迎える新しいスタッフや他NPO団体のために、記録し、未来に残し、NPOバックオフィスのフロントランナーになりたいと考えています。

このミッション達成に向けて、ともに思考し目指してくれる仲間を募集します!

D×Pが取り組む社会課題

わたしたちが取り組む社会課題は、10代の孤立です。若者の孤立は、不登校・中退・家庭内不和・経済困窮・いじめ・虐待・進路未定・無業などによって、いくつかの安心できる場や所属先を失ったときに起こります。D×Pは定時制高校や繁華街での取り組み(オフライン)とLINE相談(オンライン)で、全国の10代と出会いサポートをしています。

代表メッセージ

D×Pのビジョンは「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」です。そこで働くスタッフが、自分の未来に希望が持てないような状況はつくりたくないと思っています。ひとりひとりが自分の良さをいかせる働きやすい組織体制をつくるために、待遇改善や制度導入を進めています。ひとりひとりが自分の未来に希望を持てる組織とはどういうものなのか、どう実現していくのかを一緒に考え、アクションを起こすメンバーとともに、次の10年のD×Pをつくっていきたいと思います。ご応募お待ちしています!

今井 紀明
認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長

1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。神戸在住、ステップファザー。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後友人らに支えられ復帰。偶然、中退・不登校を経験した10代と出会う。親や先生から否定された経験を持つ彼らと自身のバッシングされた経験が重なり、2012年にNPO法人D×Pを設立。
経済困窮、家庭事情などで孤立しやすい10代が頼れる先をつくるべく、LINE相談「ユキサキチャット」や定時制高校での授業や居場所事業を行なう。10代の声を聴いて伝えることを使命に、SNSなどで発信を続けている。

想定している仕事

  • 勤怠管理・給与計算

    日々の勤務時間・休憩時間を確認し、勤怠記録に誤りがないかチェック業務を行ったのち、各自の雇用条件に合わせて給与計算を行います。勤怠システム、excelファイルを併用しつつ、給与支給業務の一部をお願いしている外部委託業者の方と密にコミュニケーションをとりながら進めます。
  • 就業規則・社内規程作成

    多様な雇用形態、またフルリモートやリモートと事務所出勤のハイブリット型勤務などの多様な働き方に対応できるよう、随時社内規程を見直し、修正作業を行います。作成する基準が法律を下回ることがないか社労士の方に相談したり、社内スタッフや労働者代表より意見を聴取しながら進めます。
  • 労務相談対応

    就業規則に関する質問や、事務所や運営施設そのものに問題がある場合の相談、プライベートな事情が発生し勤務に影響する可能性がある場合の相談、スタッフ間で発生している問題など、日々様々な相談事が突発的に寄せられます。スタッフ個々が困りごとを一人で抱えこんでしまわぬよう、必要に応じて社内調整を行い、解決を試みます。

D×Pで働くとは

入社すると一緒に働くことになるスタッフに聞いてみました。

Q. どういった経歴をお持ちの方が働いていますか?

民間企業にて勤務されていた方が多いです。それぞれ、営業事務、海外事業、販売業務・店舗管理、労働組合、コーポレート(コンプライアンス推進)などと、従事されてきた分野は非常に幅広いです。またD×Pの定時制・通信制高校事業の実施担当者をしていたスタッフもいます。
スタッフ小薗

Q. フレックスタイム制を活用した働き方を教えてください。

始業時間のフレキシブルタイムを(9:00-13:00)を活用して、午前中に通院(ご自身やお子さんが病気になられた時など)をされる方も多いです。また、夜間は22:00まで勤務が可能なため、夕方の時間帯に家事のための時間や休憩時間を取り、20:00頃より再度勤務される方も少なくありません。
スタッフ小薗

D×Pスタッフが大切にする4つの姿勢

全ての姿勢に共感し、体現しようとする人が働いています。

  • 否定せず関わる

    相手や自分の価値観やあり方を否定せず、背景に思いを馳せて関わろう。「否定しない」と「関わる」の両方を大切にし続けたとき、だれかの可能性がひろがる環境が生まれる。
  • ひとりひとりと向き合い、学ぶ

    「◯◯の人たち」とまとめることなく、ひとりひとりに向き合おう。年齢や性別、社会的な肩書で決めつけず、それぞれのバックグラウンドを持つ人から学ぶ姿勢を持ち続けよう。
  • オーナーシップを持つ

    実現するのは、どこかのだれかではなく自分自身。自分の中に湧いた違和感に素通りせず、納得いくまで仕事をしよう。アイディアもいいけど、実現に向けて自ら一歩を踏み出そう。
  • 翻訳者になる

    世の中の多数の人に届かない、声なき声に気づいてすくいとろう。わかった気にならず、「現場」に足を運び肌で感じよう。そしてだれかに伝わる言葉に変える翻訳者になろう。

一緒に働く職員からのメッセージ

D×Pが、はたらくひとを想ってくれる組織であり続ける為に

労務を含むバックオフィス部門は組織基盤をデザインする非常に重要な部門です。組織基盤をデザインすること、それはすなわち一つの社会と文化を創ることに等しく、「こんな社会が世の中にあったら」と願うものを実現していくことができる業務でもあります。DxPの事業では10代の方を中心とした若者に対し、出会う若者が抱える悩み事や課題について一緒に考え、少しでも置かれている状況を改善していけるよう行動していきます。ただ、その相談に対応するスタッフも「ひとりの人」であり、調子が良い時もあれば、どうしようもなく困った状況に陥ることもあります。DxPの労務においては、そんなスタッフひとりひとりが抱える事情に寄り添い、「これは自分を想ってくれている制度だ」としっかり感じてもらえるような制度や仕組を創っていくことを大事にしています。2024年2月末時点でDxPスタッフの平均年齢は37歳で、子育てをされながら勤務されている方が多くいらっしゃいます。またこれから人生のフェーズが進むに連れて、介護の問題や、ご自身の体調の問題等など、努力や気力だけでは解決できないご事情を抱える可能性もあると予想しており、「今」ある課題に対応するだけではなく、将来起こり得る課題に対しても先手を打っておき、有事の時に少しでもスムーズにサポートできる体制を整備していきたいと考えています。また、DxPは休みやすい環境実現を昔からとても大切にしています。ただし、「休んだ方のサポートをするスタッフ」へのサポートや保障はまだまだ不十分だと考えており、今後ぜひ強化していきたいと考えています。誰か特定の層が優遇され、その分誰かが負担を負う構造にならぬよう、公平さのある組織を目指しています。スタッフひとりひとりの状態は日々異なりますし、考えも価値観も異なります。それら全てに寄り添うことは簡単なことではないですが、「自分を想ってくれる勤務先(社会)」であるためには必須であると考えています。このようなミッションを持った部門で、一緒に悩み動いていきたいと思ってくださる方、お応募お待ちしております。
経営管理部 小薗明日香

この求人に関する詳しい情報はこちら

※必ずご視聴の上、ご応募ください。
応募締切日を延長しました!【7/7(日)迄】応募中!

募集要項

業務内容
  • 給与管理(労働時間管理、給与・賞与支払い、年末調整など)
  • 入社対応(内定者コミュニケーション、雇用契約書作成、社会保険の資格取得などスタッフ導入関連手続き)
  • 規定・協定類の管理(社内規定の変更・周知、労使協定の締結・更新など)
  • 休暇管理・福利厚生管理(有給休暇の日数管理、特別休暇の取得手続き、福利厚生制度利用時の手続きなど)
  • 労務面談(定期健康診断・ストレスチェックの実施、ハラスメントへの対応、労働紛争発生時の対応など)
対象人物像
  • D×Pが掲げる理念や「4つの姿勢」に共感できる方で、かつ自分ごととして実現にコミットしていきたいと思う方
  • 働くスタッフひとりひとりのことを想い、サポートすることに熱意を持てる方 
  • 間接業務の重要性を理解し、間接業務によって組織基盤を整え、さらに組織の価値を発展させることに意欲がある方 
  • 法律を遵守する意識と、柔軟な発想の両方をあわせ持つ方 
  • 立場の違う方の意見を汲み取りながら、根本的な課題がなにかを分析し、改善案を提案&実行することができる方 
  • 採算性とコスト意識を持ち、組織規模や予算感・人的労力を踏まえて優先順位をつけ、今取り組むべきことを見定めることができる方
応募資格
  • 社会人経験が3年以上ある方(新卒採用はしていません) 
  • 管理部門での労務に関する実務経験が3年以上ある方
  • 勤怠人事管理システムを管理者として設定・運用したことがある方
  • 大阪・天満橋事務所への出勤が可能な方
  • 社会人マナー・PCの基本的操作の理解や、基本的なビジネス文章を作成できる方
    ※D×Pでは主に、Chatwork、Google Workspace(ドキュメント、スプレッドシート、カレンダーなど)を用いて業務を行います。
推奨経験・資格
  • 人事、総務のいずれかの実務経験がある方
  • 給与計算実務能力検定1・2級試験に合格したことがある方
  • 社労士事務所での勤務経験がある方
勤務場所

主な就業場所は、D×P天満橋事務所、および、ご自宅です。
540-0032 大阪市中央区天満橋京町1-27ファラン天満橋33号室(京阪線・大阪市営地下鉄 天満橋駅から徒歩2分)

※週2日出社/週3在宅勤務を想定しておりますが、出勤頻度は今後変更になる可能性があります。
※頻度は高くありませんが、D×P天満橋事務所から徒歩2分ほどの事務所もしくはユースセンターでの作業をお願いする可能性があります。
※在宅勤務の場合、個人情報が守られる環境づくりをお願いしています。会議などでの話し声が同居人の方に聞かれないようなスペースが確保できることが条件となります。
※原則、公共交通機関を使った通勤をお願いしています。

雇用形態

契約社員(雇用契約を締結してからまずは1年契約を想定、契約更新の相談可能)
※週4日や業務委託スタッフからのスタートなど、契約形態はご相談可能です。

勤務時間

週5フルタイムの場合、フレックスタイム制度にて、9:00〜22:00の間で実働1日平均8時間

給与

契約社員(週5フルタイム)の場合、年収360〜480万円程度(相談可)
※スキル・経験・勤務可能時間に応じて相談の上、決定します。
※業績に応じて年3回(8月・12月・4月)寸志があります。

福利厚生

■社会保険(契約社員の場合):
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

■交通費:
実費支給(基本的に全額支給としておりますが、新幹線・飛行機・特急列車等を利用しての遠方からの通勤を希望される場合は上限を設けることがあります。)

■福利厚生(契約社員の場合):

  • 「つながり休暇」制度あり
    ※スタッフが、家族・友人・知人とつながる機会をつくるための休暇を年2回(有休)取得できる仕組みです。スタッフの社会関係資本構築のために利用してもらっています。
  • 新人休息制度(入社直後の年次有給休暇が与えられていない期間に取得できる休暇制度)
  • 書籍購入/研修参加費補助制度あり
  • 在宅勤務の場合はリモートワーク手当あり
  • PC、Wi-Fi、携帯電話の貸与あり
  • 健康診断・インフルエンザ予防接種の補助あり
  • 育児・介護・産前産後休業制度あり
  • 子の看護休暇、介護休暇を有給で取得可能
  • 国内出張経費補助あり
休日・休暇
土日祝休み

年間126日相当分の休日あり

※年次有給休暇は6ヶ月勤続後に取得となりますが、入職から半年間は「新入スタッフ休暇制度」で5日間の有給休暇が付与されます。

※日曜日は原則勤務不可(もし勤務する場合は月内に振替休を取得)

募集人数

1名

応募締め切り

2024年7月7日(日)まで
※なお、エントリーフォームをお送りいただいてから3営業日以内に書類選考の結果をお知らせします。

採用フロー

  1. エントリーフォームとPCスキルチェックシートのご送付 ▶その後書類選考

    PCスキルチェックシートはこちらからダウンロードして、エントリーフォームに添付してください。
  2. 一次面接(オンライン)

  3. 二次面接(対面もしくはオンライン)

  4. 課題のご提出

  5. 三次面接(対面もしくはオンライン)

※D×Pにおける面談は、「一方的に審査する場」ではありません。D×Pと応募者の方がお互いのことを知って、ともに働いていけるかを模索する場です。

エントリーフォーム

当ページは個人情報保護のためにセキュリティ機能(SSL)を使用しております。
皆さまよりお預かりした個人情報は、「個人情報保護方針」に基づき当団体の採用活動のために使用いたします。D×Pの採用を担当するスタッフに共有されます。ご本人様の承諾なしに第三者に提供することはありません。

お問い合わせ

当求人に関するご質問や不明点はdp.saiyo@dreampossibility.com(担当:行政)までご連絡ください。

Share

Top