お知らせ

【食べる住む働くに困っている15歳〜25歳のみなさんへ】月1万円の給付と相談サポートをはじめます。

 

認定NPO法人D×P(ディーピー)は、新型コロナウイルス感染症により生活にこまっている15歳〜25歳に、食費や家賃の補助として月1万円の給付を3ヶ月間行ないます。また、LINEを通して、さまざまな補助制度を使えるようにしたり、仕事につけるようにするなどのサポートをします。

 


【だれが給付を受けられるの?】

15歳〜25歳で、以下のどれかにあてはまる人です。

・新型コロナウイルス感染症により、生活にこまっている
(例えば、アルバイトのシフトが減って給料が減った・内定が取り消しになった など)
・ひとり暮らしをしていて、自分で生活費をはらっている(シェアハウスも可)
・家族のぶんの生活費をかせいでいたり、仕送りをするなどしている
・なんらかの事情で、家族や保護者にたよれない
・なんらかの事情で、さまざまな給付制度をつかうことができない

※大学・専門学校などに通っていないひとを対象としています。
※国籍は問いません。海外にルーツをもつ方も受けることができます。ただし、やりとりは日本語となります(「やさしい日本語」でやりとりできます)
※生活保護を受けている方は、今回の月1万円の給付金を受けることは出来ませんが、生活や食事のことについての相談は受けることが出来ます。

 

【どんなサポートが受けられるの?】

サポートの流れ

①D×Pの『進路・就職LINE相談』でこまりごとを伝えてください

D×PのLINEアカウントを「友だち登録」すると、自動メッセージがとどきます。メッセージにしたがって、あなたのことを教えてください。こまりごとの内容と『給付希望(きゅうふきぼう)』と書き込んでください。その後、相談員からメッセージと給付希望フォームをお送りします。

※D×PのLINE相談ではふだん13歳〜19歳を対象としています。しかし、今回の給付金サポートでは20歳〜25歳の方も相談することができます。20歳以上の方は、2021年3月まで相談することができます。
※相談できる時間は、平日10時〜19時となります。(土日祝で受け付けた相談は、次の平日にお返事します。)

②相談員がチャットでお話をききます

お話をきいたうえで、人・場所を紹介したり、補助制度などがあれば案内します。また、それらが利用できるようにサポートします。

③相談員があなたにこの給付金が必要だとかんがえたとき、給付が決まります

国や住んでいる地域の補助金制度などのなかから、あなたがつかえるものが見つからないときは、相談員の判断によりこの月1万円×3ヶ月の給付が決まります。

不正受給防止のため、ビデオ通話などの対面での面談を必ずおこないます。また、原則として身分証明書や年齢がわかるもの(例:免許証・学生証・保険証・パスポート・障害者手帳・在留カードなど)を見せていただく必要があります。身分証明書を持っていないときは、ご相談ください。

④これからの生活費をやりくりするための相談をします

これからの生活費をやりくりするために、あなたにあった方法を相談員とともに話し合い、かんがえていきます。進路や就職・転職、仕事につくための方法などをかんがえていきましょう。

※月1万円の給付金は3ヶ月で終わりますが、LINEをつかった相談サポートは何度もつかえます。

 

【募集期間】

募集終了 第一期 2020年6月1日(月)〜2020年6月19日(金)23:59までに相談内容をLINEに書きこんでください。募集人数は、5名になります。 支払い時期:6/30・7/25・8/25 

募集中 第二期  2020年6月20日(土)〜2020年7月10日(金)23:59までに相談内容をLINEに書き込んでください。募集人数は、5名になります。支払い時期:7/25・8/25・9/25

 

以降の募集スケジュール

第三期 2020年7月11日(土)〜2020年8月10日(月)23:59までに相談内容をLINEに書き込んでください。募集人数は、10名になります。支払い時期:8/25・9/25・10/25

第四期 2020年8月11日(火)〜2020年9月10日(木)23:59までに相談内容をLINEに書き込んでください。募集人数は、10名になります。支払い時期:9/25・10/25・11/25

第五期 2020年9月11日(金)〜2020年10月10日(土)23:59までに相談内容をLINEに書き込んでください。募集人数は、10名になります。支払い時期:10/25・11/25・12/25

【給付金はどうやって受け取れるの?】

あなたのご状況に合わせて3つの送金方法がえらべるようにします。銀行口座がないなど、さまざまな事情があると思います。相談員と話し合いましょう。

①銀行口座で送金
②アプリ”Kyash”を使って送金(プリペイドカードを送付)
③現金書留で郵送

 

【どうやって応募するの?】

ステップ1:D×PのLINEアカウントを「友だち登録」します。
ステップ2:LINEに最初にとどくメッセージに『こまっていること、相談したいことの内容』と『給付希望』を記入して送信してください。

ステップ3:アンケートにお答えください。アンケート回答後、相談員からあなたにチャットをおおくりして、いまの状況をくわしくお聞きします。また、給付希望と記入してくださった方には、給付希望フォームもお送りするので回答してください。

 

まずは、LINEしてみる

①つかう前にかならず「利用規約」を確認してください。

「利用規約」はこちら

②下のボタンから、あなたのLINEに「ライブラボ」を友達追加してください。

友だち追加

 

《QRコードの場合はこちら》

 

(1)「友だち追加」の画面からQRコードをタップ

(2)QRコードリーダーで以下のコードを読みとってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【若者の食べる住む働くを応援したい!という方へ】

このプロジェクトに心を寄せていただき、ありがとうございます。

いま、新型コロナウイルス感染症による様々な影響が広がっています。これまでD×Pがつながってきたある10代からは、「一日一食しか食べていない」という状況を聞きました。全国各地に食糧支援を行う団体があり、当団体も利用させていただいておりますが、高校生や10代の場合は受給条件にあてはまらないというケースもあります。しかし、支援にたどり着くまでのハードル以上に、誰かに後押しされないと食べずに我慢してしまうことがあると感じます。

月1万円の支援だけでは、根本的な生活困窮の解決にはなりませんが、孤立する10代とつながるきっかけにしたいと思います。『#若者の食べる住む働くを応援 月1万円給付とLINEを使った伴走プロジェクト』をはじめ、D×Pの活動は、賛同してくださる方からの寄付によって実現しています。

今回の月1万円の給付金と相談による伴走サポートも、いただいたご寄付を原資にして若者に届けます。

若者の食べる・住む・働くを支え、私たちと一緒に応援しませんか?

 

寄付で若者を応援する!

 

また、こういった募集は困りごとを抱える本人だけではどうしても得がたかったり、情報を得たとしても自分に紐付けて考えられないことがあります。

よかったらお知り合いの15歳〜25歳の方に教えたり、この記事をSNSなどで拡散いただけたら幸いです。


認定NPO法人D×Pについて

定時制高校や通信制高校で、「人とのつながり」をつくる授業や、学校の中で高校生が安心して過ごせる居場所カフェの運営・高校生と一緒に地域の仕事を見て体験する機会の提供などを行う団体です。2016年よりLINEを使った進路・就職相談を開始し、登録者は984名・相談者342名(2020年4月15日時点)となりました。取り組みを通して、さまざまな背景をもつ高校生と日々関わっています。

 

ページトップへ