「先生」以外にも、教育に携わる仕事がある。

 

 

実際の学校現場で、さまざまな高校生と関わる経験は「先生以外にも、こんなシゴトが考えられるかも!」 「こういう生徒に向けた取り組みをしてみたい!」 という気づきやヒントをもたらすかも、しれません。

 

高校生と関わるインターン生のシゴト

多様な高校生一人ひとりと
関わる

通信制高校・定時制高校には、不登校やいじめ経験・経済的困窮・発達障害などの生きづらさを抱えていたり、自分でお金を稼いでいたり、突出した特技があるなど、多様な高校生が通っています。そんなひとりひとりの高校生と関わることができます。

授業「クレッシェンド」の
企画・運営

授業の目的設定など企画段階から考えることができます。授業では当日のファシリテーションも行いますが、ひとりひとりの生徒と「どう関わるか?」を常に考えながら動きます。

学校や地域のなかにある
「いごこちかふぇ」の運営

定時制高校内や地域の中につくる高校生の居場所事業「いごこちかふぇ」の運営を行います。無料のご飯を食べにくる生徒も、話をしにくる生徒も、教室に行きづらい生徒も訪れます。生徒が安心して過ごせる場をつくります。

高校生と関わるインターン生の声

インターン生になりませんか?

D×Pの高校生と関わるインターンには、あなたの「やってみたいこと」に合わせて、ふたつのインターン制度があります。「やってみたいこと」の方向性がまだ決まっていない人も、インターン説明会で一緒にD×Pで何ができるのかを考えてみませんか?

 

業務内容

■教職インターン

通信・定時制高校での人とのつながりをつくるD×Pの独自プログラム(クレッシェンド)をリーダーシップをもって企画、運営をする。 
※プログラムでのファシリテーション、高校生一人ひとりの対応、プログラム実施に関わる会議運営、運営にかかる書類作成、社会人・大学生ボランティア(コンポーザー)対応も含みます。

 

■居場所インターン

定時制高校内での居場所づくり事業(いごこちかふぇ)の運営および、人とのつながりをつくるプログラム(クレッシェンド)を主体的に企画、運営をする。

※ 高校生一人ひとりにあわせたイベントや施策の立案実施、プログラムでのファシリテーション、生徒一人ひとりの対応、ケース会議、プログラム作成に関わる会議運営、運営にかかる書類作成、社会人・大学生ボランティア対応、スクールソーシャルワーカーや関係者各所とのコミュニケーションを含みます

求める人物像
  • D×Pのビジョン「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を実現したいという思いがある人
  • D×Pの「大切にしている姿勢」 

①「ひとまとまり」でなく「一人ひとり」と向き合う 
②否定せずに、関わる 
③様々な年齢やバックグラウンドの人から学ぶ 
に共感し体現できる人 

 

  • 自ら考え、主体的に動いていける人 
  • 生徒のことを第一に考え、生徒のために何ができるかを探求し続けられる人 
  • Word/Power Point/Excelにちょっとでも触ったことがある人 
    (報告書作成など、PCを使った作業もあるため。)
得られる経験

 ■教職インターン 

  • 実際の教育現場でのプログラムづくりの経験 
  • ファシリテーターとしての経験 
  • 不登校やいじめ経験、経済的困窮、発達障害など、生きづらさを抱えていたり、突出した特技がある人など、多様な高校生と関わるする経験 
  • 様々なバックグラウンドを持った社会人とのネットワーク

 ■居場所インターン

  • 多様な高校生と継続的に関わる経験 
  • 生徒が抱える様々な課題に対しての対応策を主体的に考え、実施できる経験 
  • 学校の先生方やスクールソーシャルワーカーと協働する経験 
  • 地域を巻き込んだ居場所づくりのノウハウを実体験を持って知ることができる経験
勤務期間 1年〜 (2019年2月〜)
勤務頻度

■教職インターン

  • 1年間で8校のプログラム『クレッシェンド』を企画運営していただきます。 
  • 週3~5日の活動(3~6時間/日)※平均24時間/週ですが、ご相談ください。 
    ※平日夜や土曜日にプログラムが開催されるため、その時間帯の出勤がメインです。

 

■居場所インターン

  • 1年を通して2校の居場所事業及びその高校で実施する人とのつながりをつくるプログラム(クレッシェンドなど)の運営に継続的に関わること 。
  • 週3~5日の活動(3~6時間/日)※平均24時間/週ですが、ご相談ください。 
    ※平日夜にプログラムが開催されるため、その時間帯の出勤がメインです。
勤務場所

大阪市中央区(天満橋駅から徒歩3分) 
プログラムでは、主に大阪・京都・兵庫近郊の高校に行きます。

活動支援金

月3万円(研修期間として、初月の1ヶ月間は活動支援金が支払われません。)

+交通費 月18000円まで支給(例外あり、要相談)
・その他福利厚生が利用可能(書籍補助制度 月1620円、セミナー補助制度月1620円、ランチミーティング制度月1000円など、職員とほぼ同様の福利厚生が利用可能です)

応募資格

高卒以上

学生だけでなく、社会人も歓迎します。平日の日中に事務所で会議を行うことも多いので、時間の融通がきく方のみになります。

インターンになるまで

D×Pにおける面談は、一方的に審査をする場ではありません。D×Pにとっても、あなたにとっても「幸せな採用」になるために、「あなたのやりたいこととD×Pでできることが一致するか」を大切にする面談です。

 

イラスト。説明会の様子。男性スタッフが複数人の参加者にレクチャーをしている

インターン募集説明会に参加

まずはD×Pの事務所で開催されるインターン募集説明会にご参加下さい

最近の日程を確認

イラスト。自室でノートパソコンからエントリーする応募者

エントリーシート送付

高校生と関わるインターンに応募したいと思ったら、エントリーシートを書きます。(シートは個別にお送りします。)

イラスト。複数のスタッフと机を囲んで面談するインターン応募者

D×Pスタッフと面談

高校現場に出向くスタッフ何名かと雑談しながら、お互いに対話する時間です。あなたのやりたいこととD×Pでできることをお互いに確認していきます。

面談結果のご連絡

ページトップへ