お知らせ

辻由起子さんにD×Pのアドバイザーとしてご就任いただきました!

大阪府子ども家庭サポーターの辻由起子さんに、認定NPO法人D×P(ディーピー)のアドバイザーとしてご就任いただきました。辻さんは、当団体の相談業務における緊急性の高いケース(虐待・自傷・児童福祉に関わる内容など)への対応方針についてのアドバイスや対応研修を中心に、関わっていただく見込みです。

 

辻 由起子(つじ ゆきこ)

18歳で結婚、19歳で娘を出産、23歳でシングルマザーに。仕事、育児、家事をこなしながら、通信教育で大学を2回卒業。娘は中学校で不登校の経験を持つ。

リスクだらけの子育て経験と、小・中学校の相談員の経験から、全ての人が子育てを楽しめる社会を目指して現在活動中。

主な活動は講演、セミナー、相談業務、イベント開催、マスコミ発信、行政のスーパーバイザーなど。前茨木市市政顧問。活動内容は24時間テレビ、NHKおはよう日本などマスコミに多数取り上げられている。

 

生年月日: 1973年12月26日

出身地: 大阪府茨木市

出身高校:大阪府立茨木高等学校

出身大学:佛教大学文学部教育学科幼児教育専攻/佛教大学社会学部社会福祉学科社会福祉士専攻

資格:社会福祉士・幼稚園教諭第一種・保育士/ヘルパー2級・難病ヘルパー/大阪府子ども家庭サポーター(大阪府子ども虐待防止アドバイザー)/図書館司書

NPO法人ママふぁん関西 副理事/NPO法人くさつ未来プロジェクト 顧問/NPO法人西成チャイルド・ケア・センター 理事/NPO法人北大阪ダイバーシティ 副理事/子育て応援団体「子どもを守る目@関西」代表/いばらき親子防災部 代表/ほくせつ親子防災部 代表/前茨木市市政顧問

 

辻さんよりコメントをいただきました。

人にはそれぞれ持って生まれた能力があります。
その能力を生かすも殺すも、周りの環境次第です。
環境を整えるのは自分一人では出来ません。誰かのサポートが必要です。

「大人になったら自立しなさい」
よく言われる言葉ですが、誰かの支えなしで生きている人なんて世の中に一人もいません。補い合い・支え合って生きていくのが人間です。

一方、「自律」は一人でも出来ます。
「自律」とは、『他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること』です。

自分に嘘をつかずに、心の喜ぶ道を選ぶ。

自分の道が見えなくて、どこに進めばいいかわからなくなった時は、誰かに伴走してもらってください。
自分の道が見えたら、自分のチカラで歩いていけます。

疲れたら休めばいい。
目的地が変わればルートを変えればいい。

誰かと一緒なら、行きたい場所へ行くことができます。

D×Pは皆さんの人生の伴走者です。
なりたい自分になれますように!!

 

辻さん、これからもどうぞよろしくお願い致します!

 

ページトップへ