【東京開催】7/19(木)「DxPの考えるちょっと先の未来の話」D×P活動説明会

2018.07.19 開催

若者に「人とつながる場」をつくり、「いきるシゴト」をつくる。

わたしたちD×P(ディーピー)は大阪を本拠地に、通信・定時制高校の高校生を中心とした若者にさまざまな機会を届けています。生きづらさと可能性。その両方をもった高校生と日々関わりながら、高校生からたくさんの学びや気付きをもらっています。

人は、「人」として扱われることではじめて回復していって、お互い学び合うことができる。そして回復した先に、社会に様々な生き方の選択肢があることで、「明日を生きてみようか」と思えるんじゃないか。わたしたちはそんな想いで、「人とつながる場」と「いきるシゴト」をつくっています。高校生コワーキング、学内&LINE@での進路相談、クラウドファンディングのサポート…!などなど新しい取り組みにもどんどんチャレンジしていっています。

でも実は、「いきる暮らし」をつくる新しい事業(!?)や、新たな取り組みをしていこうとたくらんでいます!わたしたちDxPの考える「ちょっと先の未来」の話を聞いてみませんか。普段の学校での取り組みの様子や、これからDxPがチャレンジしていこうとしていることについて代表の今井がお話します。

4ヶ月ぶりの東京での活動説明会。ぜひ、DxPに会いにいらしてください!
日時

2018年7月19日(木)
開場19:00 / 開始19:30 / 終了21:30

会場

Nagatacho GRID(永田町グリッド)

東京都千代田区平河町2丁目5−3

東京都千代田区平河町2丁目5−3
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


DxPの活動説明会は、まったり・ゆったり進みます。

東京在住のマンスリーサポーターである鈴木美香さん。いつも東京での活動説明会の運営を手伝ってくださっています。

この日は神保町で開催。今井から、昨年度からはじまった新規事業「いきるシゴトをつくる事業部」の話やDxPの今後の方向性やこれからやっていきたい妄想も含めてじっくりお話させていただきました。

いつも、来てくださる方によって場の雰囲気も変わります。DxPの活動説明会は、来てくださった方とともにつくる場でもあります。

今回はどんな方がいらっしゃるか、楽しみです!

 

プレゼンターについて

今井 紀明(いまい のりあき)
認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長

1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。

※今回の定員は40名になります。

 

記事作成日時:2018年06月19日

お申し込みはこちら

ページトップへ