「俺、人生詰んどると思ってて」

学校にいけなくなった。勉強ができない。お金がない。
いじめられた。みんなと同じことができない。
友達がいない。先生が苦手。家にも居場所がない。

「自分の”これから”に希望があると思えない。」

日本には、そんな状況に置かれている高校生がいます。

進学も就職もしないまま卒業する。

 

実は、通信制高校と定時制高校には、不登校経験・経済的困難、発達障害など、さまざまな「しんどさ」を抱えて生きる高校生が集まってきています。

しかし、通信制高校の卒業生の約4割、定時制高校の卒業生の約3割が、進学も就職もしないまま卒業しています。(全日制高校は5%です)

次の所属先が決まらないまま社会に放り出されているのです。

graph07_dxp03

なぜ、このようなことが起きているのか?

自分の未来に希望が持てない高校生が抱えている事情は一人ひとり多様です。でも、たくさんの高校生に出会い話を聞くなかで私たちは一つの仮説に達しました。

自分の未来に希望を持てない理由は、
「人とのつながりが少なく、孤立しているから」
「“できた!”と思えるような経験が少ないから」
この2つではないだろうか?

il_dxp02_1@2x

これから“若者”になるひとりひとりに、
「つながり」と「経験」を。

D×P(ディーピー)は、これから”若者”になっていく子どもたちひとりひとりに
「社会関係資本(人とのつながり)」「成功体験(「できた!」と思える経験)」の2つを届けるNPOです。

il_dxp02_2@2x

 

D×Pは、全国で初めて、通信制高校・定時制高校で正規の授業(単位認定されるカリキュラム)を受け持っているNPOだと言われています。2012年に設立以来、総計1,400名ほどの高校生にプログラムを届けてきました。現在は、大阪府内の定時制高校の1/3にプログラムを届けています。

公立高校でそれを可能にしているのは、文部科学省、自治体や教育委員会の予算に頼らず、お一人おひとりの「ご寄付」によって運営をしているためです。

 

活動内容の詳細へ

しんどさを抱えた高校生に、寄付という「投資」をしませんか?

高校生を支えることは、日本の将来を支えることだから。
「1日33円からの寄付」という選択を。

 

D×Pは、高校生が「しんどさを抱えているから」支援をしているのではありません。彼らには、大きな可能性があると思うから、支援をしています。

さまざまなしんどさを抱えた子だからこそ、大きく成長してゆける。ひとりひとりは、大人が驚くほどの才能と可能性に溢れています。

彼らが自分の環境を受け入れ、自分の未来を信じて生きていけたら。そんな彼らが大人となってつくっていく社会を想像すると、ワクワクしませんか。

“今は”しんどさを抱えている高校生に「寄付」という形で「投資」しませんか?

D×Pに寄付する

ページトップへ