岸和田開催▷『地域の“おむすび”で高校生にいごこちよい場所をつくる!』

2019.11.09 開催

わたしたちD×P(ディーピー)は、不登校経験や働きながら学ぶ高校生を中心に、高校生と多様な人がつながる場をつくるNPOです。南大阪地域では、2校の定時制高校と地域にD×Pが向かい、高校生にとっていごこちの良い場所をつくっています。

今回のゲストに泉佐野市でおむすび屋を営む「泉州おむすびオトメゴコロ」の義本紀子さんをお迎えし、義本さんがどのように高校生と関わっているのかをお聞きします。

これまでも、地域に住む方、地域でお仕事されている方などが様々な関わり方でD×Pの活動に参加してくださっています。あなたも個性や特技、お仕事を活かして地域の定時制高校に通う高校生と関わってみませんか?みなさま一人ひとりのお話を聞き、どんなことができるのか一緒に考えていければ嬉しいです。
日時

11/9(土)15:00~17:00

会場

多目的スペース - Luana ベース

大阪府 岸和田市 南上町 1-47-12

大阪府 岸和田市 南上町 1-47-12
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


団体概要

認定NPO法人DxP(ディーピー)

認定NPO法人D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と卒業後の「いきるシゴト」を共につくるNPOです。通信・定時制高校で、社会人と高校生が対話しつながりをつくる授業「クレッシェンド」や、いごこちのよい場所を高校のなかにつくる居場所事業「いごこちかふぇ」、卒業後も高校生がいきるシゴトをつくってゆくための進路・就職相談や機会提供を行なっています。

タイムスケジュール

15:00-15:10 オープニング、参加者同士自己紹介
15:10-15:25 定時制高校で行うD×Pの取り組みって何?
15:25-16:10 「泉州おむすびオトメゴコロ」義本さんと南大阪地域担当スタッフ小薗に聞く生徒との関わり方
16:10-16:20 参加者同士のグループトーク(今日の気づき、感想)
16:20-16:30 質疑応答
16:30-16:50 アンケート記入、フリータイム
17:00     終了
※内容が一部変更になる場合もございます。

 

イベント登壇者

スタッフ「小薗 明日香(こぞの あすか)」
認定NPO法人D×P(ディーピー)生徒と社会をつなぐ事業部 職員
1984年鹿児島生まれ。関西外国語大学英米語学科卒。アメリカとマレーシアへの二度の交換留学経験を通して、価値観の多様性と、知らず知らずに見逃されている人の魅力・可能性の存在を知る。大学卒業後は家具・インテリアショップの販売んを経て、途上国の可能性を伝えるアパレル企業の店長として6年勤務。その中で途上国よりも日本国内に対しての危機感が募り、当時の顧客であったD×P理事長今井との繋がりから、2016年よりD×Pに参画。現在は、夜間定時制高校にて食事提供を兼ねた居場所事業「いごこちかふぇ」の運営を担当。また卒業後の高校生の状況を見据え、地域とのつながり構築を模索中。

ゲスト「義本 紀子(よしもと のりこ)さん」

泉佐野市でお米も塩も具も泉州産の人にやさしい素朴なおむすび「泉州おむすびオトメゴコロ」を営む。
居場所事業の食事提供業者として2017年の1月からいごこちかふぇへおむすびを納品いただいている。

記事作成日時:2019年10月15日

お申し込みはこちら

ページトップへ