【東京開催】10/1(火)「教室のつながりの先」D×P活動説明会

2019.10.01 開催

私たちD×Pは、「人とのつながり」と「働き、生きる場」を提供することを目指し、年間約1,000名の高校生をサポートしています。
今年からは関東では2校の定時制高校で、高校生と多様なオトナが対話し、つながりをつくる授業「クレシェンド」が始まりました。
クレシェンドで目指すことは、高校生が「楽しかった。人と関わってよかった。」と思える場をつくることです。

D×Pの本拠地、大阪では授業で高校生と出会い、D×Pが運営する定時制高校内につくる居場所で継続的に関係を作っています。
高校生からの声を拾い、進路の相談や職業体験などの機会にもつなげています。学校内での「つながり」だけでなく、卒業後にも地域の人や職場の人とのつながりを得られるように、サポートできる体制をつくっています。
今後、関東やその他の地域でも、学校内から学外へまでサポートを広げていきたいと考えています。

高校生とオトナが出会う教室から、生まれるもの、見えるものはいったいなんだろう?と一緒に考えてみませんか。
D×Pの取り組みは全て、一人ひとりの高校生から生まれています。
今回の活動説明会では、私たちが今まで見てきた、感じてきた”高校生とのつながり”やこれからのD×Pについてお話しします。
日時

2019年10月1日(火)
開場18:40/開始19:00/終了21:00

会場

Mace池袋

東京都豊島区西池袋3-29-4ジェスト7ビル8階

東京都豊島区西池袋3-29-4ジェスト7ビル8階
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


【タイムライン】
19:00~19:10 オープニング
19:10~19:45 D×P活動説明
19:45~19:55 ゴビ砂漠マラソン報告
19:55~20:10 質疑応答
20:10~20:25 参加者の方同士でグループトーク♪
20:25~20:30 クロージング
20:30~21:00 アンケート記入や個別質問※自由解散
 
【プレゼンター】

今井 紀明(いまい のりあき)
認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長

1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。

記事作成日時:2019年09月11日

お申し込みはこちら

ページトップへ