GOBI THANKS PARTY! 走って集めたお金で何するの?

2019.09.19 開催

DxPの代表・今井紀明は今年6月に全額チャリティのクラウドファンディングを行い、
301名の皆様から10,142,654円のご支援をいただきました。
そして、8月に250kmのゴビ砂漠マラソンに挑戦!
持病にも悩まされましたが、無事に完走することができました。

ご支援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

でも、クラウドファンディングでいただいたご支援をつかって
生きづらさを抱えた10代をサポートする事業へのチャレンジは
これからまさに取り組んでいきます。

ゴビ砂漠を走って集めた約1,000万円で、
D×Pは実際、どんなことをするのか?
どんな取り組みにチャレンジするのか?

サンクスパーティとして250kmの完走をお祝いしつつ、
これからのチャレンジについてをお話したいと思います!

モデレーターに「合同会社なんかしたい」の清水大樹さんをお迎えして、ゴビ砂漠でのこと、クラウドファンディングのこと、そしてこれからのチャレンジについて語り合っていきます。

D×P事務所を会場に、食事をしながらの交流会も開催します。クラウドファンディングを支援した人も、支援はしなかったけど気になるという人も、ぜひ遊びにいらしてください!
日時

2019年9月19日(木)
開場18:45/開始19:00/終了21:00

会場

NPO法人D×P 天満橋事務所1F

大阪市中央区天満橋京町1-27 ファラン天満橋1F

大阪市中央区天満橋京町1-27 ファラン天満橋1F
料金
チケット代(軽食付き):2000円
お申し込み
下記フォームより参加お申し込みをお願いいたします。

お申し込みはこちら


タイムスケジュール

18:45-19:00 開場
19:00-19:10 認定NPO法人D×P説明
19:10-19:20 ゴビ砂漠報告
19:20-19:50 走って集めたお金でなにするの?トーク
19:50-20:05 質疑応答
20:05-20:10 クロージング
20:10-20:50 フリータイム
21:00    終了

 

団体概要

認定NPO法人DxP(ディーピー)

認定NPO法人D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と卒業後の「いきるシゴト」を共につくるNPOです。通信・定時制高校で、社会人と高校生が対話しつながりをつくる授業「クレッシェンド」や、いごこちのよい場所を高校のなかにつくる居場所事業「いごこちかふぇ」、卒業後も高校生がいきるシゴトをつくってゆくための進路・就職相談や機会提供を行なっています。

 

登壇者

 

清水大樹|合同会社なんかしたい代表 

「大学生のコミュニティスペースagora」
「学んだ先が見える個別指導塾まなびのさき」
「宿題も安心の学童教室あそびのば」を開校。
この3つの事業を同じ場所で運営し、小学1年生〜大学4年生までが世代を超えて、自分の考えや創造したい社会を語り合う学習環境を京都中心に展開。自分の人生に主体的に、社会に当事者意識をもてる環境づくりを。 学生の選択肢の幅を広げる各種イベントや教育プログラムなど様々なアプローチで、セカイ(世界・社会)をチカク(近く・知覚)することをミッションとし、1人でも多くの人が明日も生きたいと思える社会づくりを目指している

今井紀明|認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。
高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。

記事作成日時:2019年08月31日

お申し込みはこちら

ページトップへ