高校生には、可能性がある。

不登校経験、いじめ経験、発達・学習障害や経済的困難。
生きづらさを抱え、自分の「これから」を
前向きに考えられずにいる高校生が
通信・定時制高校に集まっています。

でも一方で、自分でお金を稼いでいたり、
SNSのフォロワーが多かったり、突出した特技があったり
高校生一人ひとりはとても多様です。

わたしたちDxP(ディーピー)は若者が持つ
「生きづらさ」と「可能性」の両方を見つめています。
高校生ひとりひとりの生き方に、
たくさんの学びを得ています。

あなたもDxPと共に学び、共に新しい社会をつくる
マンスリーサポーターになりませんか?

 

D×Pは、生きづらさを抱えた高校生の可能性を拡げるNPOです。

通信・定時制高校をフィールドに、高校生に「つながる場をつくる」事業と、「いきるシゴトをつくる」事業を行っています。これらの取り組みはご寄付により運営しています。

写真。クレッシェンドの様子。複数人の別の参加者と笑顔で話す高校生。

つながる場をつくる

通信・定時制高校で行う「つながり」をつくるプログラム「クレッシェンド」。社会人ボランティアとの関わりを軸にした授業です。これまで2,000名以上の高校生に届けてきました。

挑戦の場をつくる

「できた!」と思える経験を届ける「チャレンジプログラム」。インターンやスタディーツアー、展示会開催など、それぞれの挑戦の機会をつくります。ワールドチャレンジ募金に寄付したい方はこちら

いきるシゴトをつくる

通信・定時制高校の生徒が卒業後も生きて行けるように。いきるシゴトをつくる新事業「ライブエンジン」をスタート。学内やLINE@で行う進路相談室や、企業とのマッチングを行います。

あなたの寄付で、できること

月1,000円の寄付で

1人の高校生が、つながりをつくる独自プログラム「クレッシェンド」に1回参加することができます。

月2,500円の寄付で

1人の高校生の進路相談を1回(30分間想定)受けることができます。定時制高校と連携して進路相談室を開催しています。

月5,000円の寄付で

高校生に安心できる居場所を届ける「いごこちかふぇ」で、約100名分の軽食を届けることができます。

サポーター特典

D×Pのマンスリーサポーターは、継続的に高校生をサポートする定額寄付会員です。
サポーターのみなさまには、ご寄付の御礼に代えて定期的に活動/成果のご報告をお届けしています。

  • 最新の活動報告書のご送付
  • D×Pロゴステッカーのお届け
  • 会員限定メールマガジン(月1回)へのご登録
  • 限定LINE@へのご登録
  • 限定Facebookグループへのご案内

D×Pのマンスリーサポーターになる!

ページトップへ