「前回より少しだけ真剣に聞いてくれた!」-第2回特別授業@彦根東高校 定時制課程

2015年6月、滋賀県立彦根東高校の定時制課程に通う3・4年生に対して、

全4回の授業を行いました。今回は、2回目の授業の様子をお届けします。

▷第1回 いろんなオトナの過去の失敗
▶第2回 「前回より少しだけ真剣に聞いてくれた!」
▷第3回 「ここにいる」というサイン
▷第4回 最後の授業。「ここから、かな」

 

 19776393220_1de35c6cfe_z

 

2015年6月11日
彦根東高校2回目の授業です!
この日はあいにくの雨でしたが、ほとんどの生徒が出席しました!

授業のはじめに行うのは、「シゴトはっけんカルタ」!
一般的なカルタとはルールが違います。
カードにはさまざまな職業が描かれており、
ある職業の特徴(ヒント)をスタッフが3つ挙げ、高校生とコンポーザーが、その職業、すなわちカルタの絵札を当てるゲームです。
3つ全てのヒントを聞けば解るけれど、少ないヒントで答えたチームほど高得点がゲットできます!

簡単なゲームに思えるかもしれませんが、実はけっこう難しいんです!
たとえば「ディスパッチャー」というシゴトは、名前も聞いたことがないという人がほとんど。
だけどそこから、「こんなシゴトあるん?知ってる?」という風に、
高校生とコンポーザーの会話が生まれていました。

 

 19969443071_d0155bf9ef_z

 

ゲームで盛り上がった後は、
この日のメインプログラム「現在(いま)のジブン」を行いました。

前回の授業で話した「過去」を経験して、
コンポーザーが「現在(いま)」、何をしているのかを話します。

 

 19343355523_b3678c3081_z

 

「中学時代に経験した山村留学がきっかけとなり農業を学び、限界集落で地域おこし協力隊として活動している」
「子どもを育てながら会社を経営し、今は留学に向けて英語の勉強を頑張っている」
「人との出会いをきっかけにウェブ制作やライター、セミナー講師など、さまざまな職業をするようになった」
「大企業を辞めて、今はフリーランスとして働いている」

最初は全く興味なさそうにしていた生徒も、
話を聞いているうちに共感できることがあったのか、
コンポーザーの目を見ながら、小さく頷くようになりました。

 

 19956660462_2e993f38bd_z

 

「現在(いま)のジブン」はコンポーザーの話を
一方的に聞くだけではなく、
高校生の話を聞く時間でもあります。

「今やっているアルバイトが楽しい」と、いまの生活を話す生徒
「アパレル店員を経験して、将来は自分の服を作りたい」と、夢を教えてくれる生徒。
「就職したいけど、どうやって就活すればいいか分らない」と、いまの悩みを打ち明けてくれる生徒。
まだ2回目の授業でしたが、
高校生とコンポーザーの関係性が深まっているように見えました。

 

 19956652012_120d9e5196_z

 

授業の様子を見ていた先生方からは
「ある生徒が心配だったんですが、ちゃんと授業に来ていて嬉しい」
「普段あまり話さない生徒も喋っているので、私たちも彼らの話を聞きたい」
という嬉しい言葉を頂きました!

 

 19776360840_7a785ef1fd_z

 

授業終了後は、コンポーザーとD×Pスタッフでその日の授業を振り返ります。
「◯◯くんが前回より少しだけ真剣に話を聞いてくれるようになった!」
「生徒の話が自分にとっても勉強になった!」
など、嬉しい感想が沢山出てきました。

また、
「もっと同じ生徒と深く話したい」
「もっと色々な生徒と話したい」
「シゴトはっけんカルタにはもっと改良の余地があるのでは…」
などなど、授業改善のための様々な意見も飛び交いました。

授業をより良いものにしたいという気持ちは、
D×Pスタッフもコンポーザーも同じです。
そのためにコンポーザーは、終電ギリギリまで、
スタッフと一緒になって真剣に悩んでくれました。

第3回の授業の様子はこちらから

D×Pサポーター、募集中!

D×Pが、通信制・定時制高校で開催するこの授業。『クレッシェンド』は、寄付によって運営されているんです。

2017年度、D×Pにご寄付をいただいた方は656名。わたしたちの価値観に共感し、一員になってくださったたくさんの方々に支えられています。

ぜひ、あなたも。D×Pの価値観を、一緒に大きく広げるサポーターとなってください。

D×Pを寄付で応援する

ページトップへ