「ここの接客ならもう一回やりたい」アルバイトで接客は苦手だと思ったけど…カレー屋さんで接客・調理体験

2019年12月21日(土)、大阪府内の定時制高校に通う高校1年生のSくんと2年生のTさんと nimo alcamo様にライブツアーに行きました!

ライブツアーは、高校生一人ひとりの希望や状態に合わせて「働く具体的なイメージをもてる機会」として、パートナー企業の方々と一緒につくる職場体験やインターンシップ企画です。

Sくん、Tさんのライブツアー内容

訪問先:nimo alcamo
事業内容:飲食業(カレー店)
実施内容:事業説明、接客・調理体験、質疑応答

「想像していたイメージと全然違う、とてもおしゃれ」

集合場所まで自宅から自転車を漕いできたSくん、合流してスタッフや引率の先生とお店に向かいました。いざ店内に入ると「想像していたイメージと全然違う、とてもおしゃれ」と言ってお店を見渡していました。どんなイメージを持っていたのか尋ねると、カフェのような内装を見て「イメージはもっとインドカレー屋みたいにごちゃごちゃしたところだと思っていた」と話していました。また、おしゃれなお店で職場体験ができることがとても楽しみだと話していました。

 

 

「接客、楽しい。」   

Tさんが合流してから、店主の方からお店の簡単な説明を受けました。その後に、お店の掃除と接客練習、営業が始まりました。

Sくんは最初、オーダーを取る紙の書き方が分からず、店主の方に確認しながらオーダーを取っていました。しかし、ラストオーダーが近づくころには一人でお客さまの注文を聞いていました。さらには追加ドリンクをおすすめしたり、チャイを注文したお客さまに「シナモンスティックで混ぜながら飲んでください」と伝えていました。

Tさんは最初接客が苦手と話しており、接客練習でオーダーの復唱をする時には「どう復唱したらいいの?」と悩んで黙ってしまうことがありました。しかし、実際にお客さまとやり取りする中で慣れていったのか、スタッフがラストオーダー間際にカレーを注文したときには、スムーズに復唱し「接客楽しい。」と笑顔で話していました。

 

 

食べたことない味だけど、おいしい」

営業が終わってから、店主の方のはからいでまかないのカレーをいただきました。営業中に体験した盛り付け方を活かして、それぞれ自分で盛り付けました。スパイスカレーが初体験だったSくんは「食べたことない味だけど、おいしい」と話しており、完食していました。またTさんは食べ終わった後に、「一番記憶に残ったのはキッチンと片付け」と事後学習シートに記入しており、感想を聞くと「楽しかった」と話していました。

 

nimo alcamo様にも話を聞いてみました!

彼らの働きぶりを見ていて、とても素晴らしかったし、何の心配もありませんでした。彼らが来て一緒に営業することができてとても楽しかったです。今後もできることがあれば、お手伝いさせていただければと思います。


今回は、接客と調理の体験をできる受入先でした。店での仕事に慣れ、ラストオーダーの間際には自らできることを見つけていました。Sくんは今回の体験を通じて「人と話すのが好きで、接客が好きだと思った。他の場所でも接客を体験してみたい」と話していました。Tさんは、「コンビニでアルバイトをして接客は苦手だと思った」と話していましたが、今回接客を体験し「ここの接客ならもう一回やりたい」と笑顔で話していました。

高校生の受け入れをしてくださったnimo alcamo様、当日引率をしてくださった先生、関係者のみなさまありがとうございました。

D×P(ディーピー)は、通信制・定時制高校に通う10代に「つながる場」と「いきるシゴト」を届けるNPOです。定期的にD×Pスタッフが高校へ出向き、授業や校内居場所事業で高校生一人ひとりと関わっています。そして、高校生の好きなことや興味・得意なことなどをきっかけに仕事体験につなぎ、進路を考えるきっかけやまだ見ぬ世界と出会う機会をつくっています。

そして、これらの取り組みは全て、D×Pに共感してくださる方の寄付で運営しているんです。よかったら、あなたも「寄付」を通じて、この取り組みに参加しませんか?


D×Pの取り組みに寄付で参加する!

 

 

 

 

ページトップへ