メディア掲載

【メディア掲載】withnewsにご掲載いただきました!

2020年8月12日(水)WEBメディア『withnews』にご掲載いただきました!

認定NPO法人D×P(ディーピー)では、2018年から「ユキサキチャット」という、就職や進学に関するライン相談を続けていますが、今年の4~6月の約3ヶ月で登録者が約400人増え、相談件数は前年比で約10倍に増加しました。
就職・進学の相談だけでなく、それ以外の経済的な困窮相談なども増えています。

何らかの理由で親からの支援が受けられず、一人で生計を立てながら学校に通っている10代を支えるために始めた、食糧支援と月1万円の現金給付の取り組みについてご紹介いただいています。

掲載記事

『マスクすら買えない子どもたち…一人で生計立てる10代の過酷な日常
~食糧支援や現金給付をきっかけに、次の相談につなげたい~』

withnewsの記事を読む

 

 

「withnews」を見て、D×Pを知った皆様へ

◯通信・定時制高校とオンラインの両方で、生きづらさを抱えた10代に「つながる場」を届けるNPOです。不登校/中退経験や経済的困難などさまざまな事情をもった10代とつながり、仕事など次のステップにつながるようサポートしています。コロナ禍においては、LINEや若者向けSNSをフィールドにオンラインでの相談事業を実施。在宅ワークの紹介も進めています。

初めての人にもわかるD×P(ディーピー)

◯D×P(ディーピー)が出会う10代の若者たちは、不登校経験があったり、発達障害・学習障害があったり、経済的に苦しい状況にあったり、外国にルーツがあったり…と、ひとりひとり様々な状況にあります。一方で、SNSのフォロワーがたくさんいたり、自分でプログラミングをしていたり、アートの才能があったり…と、ひとりひとりが大きな可能性を秘めています。

D×Pは、なんらかの事情でつまづいてしまった高校生に「人とのつながり」を届け、卒業後の「はたらく」をサポートする活動をしています。オフラインやオンラインを通して、ひとりひとりとかかわり、向き合いながら、高校生の好きなことや興味・得意なことなどをきっかけに仕事体験につなぎ、進路を考えるきっかけやまだ見ぬ世界と出会う機会をつくっています。

そして、これらの取り組みは全て、D×Pに共感してくださる方の寄付で運営しているんです。よかったら、あなたも「寄付」を通じて、この取り組みに参加しませんか?


D×Pの取り組みに寄付で参加する!

ページトップへ