講演情報

【東京】12/4(水)19:30~21:30 株式会社LIFULLが主催する『One P’s Night』に、D×P代表の今井が登壇します。

株式会社LIFULLが主催する『One P’s Night』に、D×P代表の今井が登壇します。
  


日本ではこどもの不登校の数が増えています。
小・中学校の不登校児童生徒数は5年連続増加し全国に14万人います。(文部科学省調査)
  
全日制高校に比べると、通信制高校には不登校を経験している生徒が多く通っています。
そして通信制高校の卒業生の約4割、定時制高校の約3割が進学も就職もしないまま卒業し、つながりがないまま社会に出ていきます。

家に居場所がなかったり、いじめを受けていたら、明日を生きる希望が持てなくなってしまうかもしれません、
さまざまな生きづらさを抱え、自分の将来に希望がもてず孤立している若者がいます。
 
D×Pはこれまでに「つながる場」「いきるシゴト」をつくり4000名以上の高校生をサポートしてきました。
そして新たに「くらし」の事業をはじめ、若者が毎日を安心して暮らすことできるようにリバ邸とコラボし、シェアハウスを2軒運営しています。
これからの社会を安心していきていけるよう、彼らの「セーフティネット」であるつながりをつくっています。
 
D×Pを創業した代表の今井氏は高校生の時、自身のNGO活動のためにイラクに渡航し人質として拘束され、日本に帰国後バッシングを受けた経験があります。
そんな今井氏からD×Pを立ち上げることになったストーリーや、D×Pの活動について詳しくお話していただきます。
 
【One P’s Nightとは?】
株式会社LIFULLの社会貢献活動支援委員会(通称OneP’s委員会ーワンピース委員会ー)が主催するイベントです。
毎回さまざまなテーマをもとに企画しています。
世の中にある社会問題に目を向け、問題解決に取り組むNPOやそこで活動する方々と出会い、一緒になって問題解決について考えてみませんか?

【概要】
日時:12月4日(水) 19:30~21:30 (受付19:15)
定員:40名
参加費:無料
場所:LIFULL HUB (https://hub.lifull.com/)
(半蔵門線 半蔵門駅から徒歩4分/有楽町線 麹町駅から徒歩7分)

【講演プログラム(途中参加OK)】
19:15     開場
19:30~19:40 オープニング (One P’s 挨拶)
19:40~20:30 講演  (今井紀明様)
20:30~20:50 質疑応答
20:50~21:00 直近の活動紹介 
21:00  終了

【登壇者プロフィール】
今井 紀明 
認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長 

1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学卒。イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立し、紛争地域だったイラクへ渡航。武装勢力に人質として拘束され、自己責任の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。偶然、通信制高校の生徒が抱える課題を知り、2012年にNPO法人D×Pを設立。「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望がもてる社会」を目指し活動している。

イベントに参加する

認定NPO法人D×P(ディーピー)

◯D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と「いきるシゴト」を届けるNPOです。
現在、大阪府の定時制高校の4割以上に、人とのつながりをつくるためのプログラム「クレッシェンド」を提供しています。

また、高校生の生きる場をつくる新事業を新たに開始。学校とオンラインにある進路相談室「ライブラボ」で、高校生一人ひとりのニーズや特性に寄り添い、さまざまな機会へつなげていく取り組みを行っています。

初めての人にもわかるD×P(ディーピー)

あなたも、D×Pのサポーターになりませんか?

◯通信制・定時制高校の生徒は、不登校経験があったり、発達障害・学習障害があったり、経済的に苦しい状況にあったり、外国にルーツがあったり…と、ひとりひとり様々な状況にあります。一方で、SNSのフォロワーがたくさんいたり、自分でプログラミングをしていたり、アートの才能があったり…と、ひとりひとりが大きな可能性を秘めています。

D×Pは、なんらかの事情でつまづいてしまった高校生に「人とのつながり」を届け、卒業後の「はたらく」をサポートする活動をしています。

D×Pに寄付しませんか?わたしたちとともに、高校生とともに、イノベーションを起こしましょう。

ページトップへ