テラ・ルネッサンス&DxP共催イベント 社会を動かす小さな一歩のはじめかた

2018.07.13 開催

「途上国に関心があってスタディーツアーに参加した。
でも、帰国した今の自分にできることってあるのかな?」
「学校でクラスメイトが不登校になって、連絡がとれなくなってしまった。
その時の自分は何もできなかったな…」

出会ってしまった「社会のカダイ」がある。
でも具体的にどうしたらいいのかわからない。
行動してみるきっかけもない。今のジブンも不安だし、将来も不安だし、生きるのにせいいっぱいだし。
だけど、こんなジブンにもなにかできるなら、やってみたい。

このイベントは、そんなモヤモヤとやってみたい気持ちをもった
あなたにお届けするイベントです。

地雷除去やこども兵の問題に取り組むテラ・ルネッサンスと、
不登校や発達障害などの事情を抱えた高校生と日々関わるDxP(ディーピー)。
国内外で活動する2団体の話を聞いて、
今のジブンに「できること」を一緒に考えてみませんか?
日時

2018年7月13日(金)
開場18:15 / 開始18:30 / 終了20:30

会場

ひと・まち交流館 京都 第5会議室

京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


テラ・ルネッサンス&DxP共催イベント 社会を動かす小さな一歩のはじめかた

■タイムライン
18:30~ オープニング
18:40~ テラ・ルネッサンスに聞いてみよう(テラ・ルネッサンス栗田さん)
18:55~ D×Pに聞いてみよう(DxP川上)
19:10~ グループワーク

 

■定員
定員30名(社会人枠10名まで)

 

■詳しいアクセス
ひと・まち交流館 京都
【バス】
市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車
【電車】
京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分

 

■お問い合わせ
dp.t-kawakami@dreampossibility.com(担当:川上)

 

■登壇者プロフィール

栗田佳典  認定NPO法人テラ・ルネッサンス アウェアネスレイジングチームマネージャー

栗田佳典

認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アウェアネスレイジングチームマネージャー

1986年、静岡県生まれ。立命館大学産業社会学部卒。
生まれつきの心臓病で、13歳 の時に手術。
この経験から、「いのち」の大切さと「 支えられることのありがたみ」を知る。その後、「誰かを支える仕事をしたい」という想いのもと、 立命館大学で福祉を学ぶ。大学在学中に世界の貧困問題、 特に子ども兵の問題に強い関心を持ち、3回生時に、テラ・ルネッサンスへインターンシップ生として参加。 2009年4月より、大学卒業と同時に職員としてテラ・ルネッサンスに勤務。

現在は、平和の種を蒔く仕事として、国際理解教育、 開発教育などを目的とした講演活動を年間60回 以上行い、イベントの実施なども行う、 アウェアネスレイジングチームに所属。チーム マネージャーとして、行政、企業、教育機関、個人との協働も手掛けている。

認定NPO法人テラ・ルネッサンスのホームページはコチラ

 

川上 竜典  認定NPO法人D×P(ディーピー) 生徒と社会をつなぐ事業部 部長

川上 竜典

認定NPO法人D×P(ディーピー)
生徒と社会をつなぐ事業部 部長

1988年大阪生まれ。2011年3月よりD×Pの前任団体Dream×Possibilityに参画し、2013年3月より入社。通信・定時制高校に特化したプログラム「クレッシェンド」を立ち上げ、主に現場統括、採用・育成、ボランティアマネジメント、ソーシャルインパクトの策定などに従事。 ”生きづらい”と感じる人が世の中にいると知って、でも、その人の生き様に惹かれて、 「この一人ひとりが、自分らしくあろうとできて、幸せであっても良いなら、どれだけ魅力的な社会に、世界になるのかなって、そんな世界をみてみたい」 そんな理由で、D×Pで働いています。

記事作成日時:2018年06月08日

お申し込みはこちら

ページトップへ