誰もが生きてゆける「つながり」ってつくれますか? 『メゾン刻の湯』著者小野美由紀×DxP代表今井紀明トークイベント

2018.05.28 開催

内定ゼロのまま大学を卒業したマヒコ。
アパートの契約も切れ、どこにもいくあてのなかった彼が住むことになったのは、銭湯「刻の湯」だった。銭湯を舞台に、社会に馴染めずにいるひとりひとりの共同生活を描いた小説『メゾン刻の湯』(ポプラ社)。

世間的な「正しさ」にあてはまることに疲れた「変わり者」たちの視点から、この社会の不寛容と多様性を切り抜くような長編小説です。

この『メゾン刻の湯』刊行を記念して、著者・小野美由紀さんと、生きづらさを抱えた高校生をサポートするDxP(ディーピー)代表・今井紀明のトークイベントを新大阪で開催します!

弱くても。「正しく」なくても。価値、出せなくても。
誰もが生きてゆける社会って、つくれるんだろうか?
わたしたちは、つながれるんだろうか?

小野さんと今井で、ざっくばらんに、話してみます。
日時

2018年5月28日(月)
開場18:30/開始19:00/終了21:00

会場

レンタルスペースMonaco (地下鉄御堂筋線 西中島南方駅 徒歩3分)

大阪府 大阪市淀川区西中島6-1-11

大阪府 大阪市淀川区西中島6-1-11
料金
1,500円
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


■タイムライン

18:30 開場
19:00   トークセッション(小野美由紀×今井紀明)
20:00   質問タイム
20:30 交流タイム(書籍販売もいたします♪)
21:00 終了

■詳しいアクセス

レンタルスペースMonaco
地下鉄御堂筋線 新大阪駅 徒歩7分
JR 新大阪駅 徒歩7分
阪急南方駅 徒歩6分
地下鉄御堂筋線 西中島南方駅 徒歩3分

道案内【御堂筋線 西中島南方駅より】
1 北改札1番出口より出ます
2 左方向に進み、左手ファミリーマート、右手ドトールの間の道を進みます
3 最初の信号(向かいにファミリーマートあり)を右折します
4 次の信号(右手にりそな銀行)を渡ると、右手にエネオスがあります
5 そのままエネオスを右手に直進すると、エネオスの次の建物が会場になります。
6 1階に居酒屋があり、2Fの店舗がレンタルスペースです。

■お問い合わせ

info@dreampossibility.com(担当:熊井)

 
■登壇者プロフィール
 

小野美由紀(おの みゆき)

1985年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業。2011年、震災を描いた絵本「ひかりのりゅう」の発売のためクラウドファンディングを立ち上げ、2014年に出版。著書に『メゾン刻の湯』(ポプラ社)、『傷口から人生。』(幻冬舎文庫)、『人生に疲れたらスペイン巡礼』(光文社新書)がある。

 

今井 紀明(いまい のりあき)

認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長 

1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。

 

記事作成日時:2018年04月27日

お申し込みはこちら

ページトップへ