【学生限定】3/19(月)「途上国での経験、どう活かす?」

2018.03.19 開催

「途上国でいろんな経験できて楽しかったなあ。」
でも
「その次、私何しようかな…?」

途上国に関心があって、
現地の子供たちに対して教育するボランティアに参加したり、
現地の子供たちの現状・課題について学ぶスタディツアーに参加したり。
途上国へバックパッカーとして旅をして、そこで様々なことを感じたり。

色々経験したけれども
帰国してから何をしたらいいかわからない…
どうやったらそこで見つけた課題にもう少しアプローチできるのかわからない…

そんな思いを抱えている人もいると思います。

そんな方を対象に、今回は

・途上国で経験したこと・感じたことから、そのまま「途上国での教育課題」に取り組もうと決めた人
・途上国で経験したこと・感じたことから、自分は「日本の教育課題」に取り組もうと決めた人

など、ボランティアや旅やインターンなど手段は様々ではあるものの、
途上国で様々な経験をし、
その経験を活かして活動していらっしゃるゲストを数名お呼びします。

色々な生き方をしているゲストの方々の話を聞いたり、
今の自分自身のモヤモヤな気持ちや思いを話したり…!

そうすることで、「次何をするか」というネクストアクションを
皆さんが見つけられるようなイベントにしたいなと考えています♩

ゲストにつきましては決まり次第、随時公開していきます。
皆様にお会いできること、楽しみにしております♩


日時

2018年
3月19日(月) 19:00 〜 21:30+任意で懇親会

会場

認定NPO法人D×P 大阪天満橋事務所

大阪府大阪市中央区天満橋京町1-27

大阪府大阪市中央区天満橋京町1-27
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


■こんな人にオススメ♩
・途上国での経験を、どう活かしたらいいのか迷っている人
・将来、途上国で何かしたい!と思っている人
・社会課題に対して日本で何か活動してみたいなと考えている人

■タイムライン

19:00-19:20 チェックインアイスブレイク
19:20-19:40 ゲストからのお話①
19:40-20:00 ゲストからのお話②
20:00-20:30 参加者とゲストでお話
20:30-21:20 ユメブレ♫
21:20-21:30 チェックアウト
21:30- 懇親会@オフィス

■ゲストをご紹介

一人目:原さくらさん(写真:一番右)

神戸市外国語大学4年。インド留学をきっかけにインドが第二の故郷に。大学の休暇の度にインドへ行き、ストリートチルドレンや児童労働に取り組むNGOでインターン・ボランティアをした。日本では、外国にルーツを持つ子ども達の学習支援のボランティアをしたり、最近は子ども食堂を見に行ったり。「全ての子ども達が心おきなく勉強や遊ぶことができる社会」の構築を目指している。インドの子ども支援に携たいので、卒業後はインドの大学院でソーシャルワーク(社会福祉)の修士を取得する。

 

二人目:中尾知美さん

京都大学大学院修士1年。人生の半分を海外で過ごし、現在は脳の発生の研究をしている。大学院の入学届と同時に休学届を提出し、1年間ネパールで教育支援を行った。ネパールのカオスな教育現場を目の当たりし 、日本の教育は素晴らしいと思う反面、もっと良くできるだろうという気持ちに掻き立てられた。現在は理科教育に関わるインターンをしており、今後もネパールを含む海外での経験から自分にしかない視点を持って日本の教育に携わっていきたいと考えている。

 

■定員
15名(事前申し込み制)

■お問い合わせ
dp.tatsunorikawakami@gmail.com(担当:川上)

■当日の緊急連絡先
06-7222-3001(代表電話)

あなたのご参加お待ちしております♫

記事作成日時:2018年02月16日

お申し込みはこちら

ページトップへ