【インターン募集説明会開催】「先生」以外にも、教育に携わる仕事がある。高校現場を担うインターン募集!

2018.06.15~2018.07.14 開催

「教育にかかわる仕事に就きたい。
でも、学校の先生以外にも働く先はないのかな?」

と考える時。

「学校の先生」や「塾の先生」以外の別の関わり方は、
世の中にそう多くはありません。
もしくは、人材ビジネスや企業内人材育成の方向で
舵を切る人もいるかもしれません。


私たち、認定NPO法人DxP(ディーピー)は
ふだん、通信制高校・定時制高校で多様な高校生と関わっています。


不登校やいじめ経験、経済的困窮、発達障害など、さまざまな生きづらさを抱えている人や自分でお金を稼いでいたり、SNSのフォロワーが多かったり、突出した特技がある人など、高校生一人ひとりはとても多様です。私たちは、そんな高校生一人ひとりの個性を見つめながら、関わっています。

D×Pのインターン生として多様な高校生ひとりひとりと関わる経験を積んでみませんか?

実際の学校現場で、さまざまな高校生と関わる経験は、
「先生以外にも、こんなシゴトが考えられるかも!」
「こういう生徒に向けた取り組みをしてみたい!」
という気づきやヒントをもたらすかも、しれません。

高校生一人ひとりのことを考えて考えてプログラムをつくった経験は、
きっとあなたの「これから」に活きる、大きな一歩になると思います。

実は、D×Pのプログラムには社会人・大学生ボランティア「コンポーザー」が関わっています。(200人が登録していて、社会人が7割くらい。)さまざまな過去を持ち、さまざまな生き方を実践している大人ひとりひとりと、深く語り合うことができます。コンポーザーとの関わりもまた、あなたの「これから」への大きなヒントをくれると思います。

まずはインターン募集説明会にいらしてください。
D×P事務所で、お会いしましょう!
日時

以下の日程のいずれかをお選びください
6/15(金)19:30-21:00
7/9(月)19時-20時30分
7/14(金)14時30分-16時
※日程が合わない方は個別で日程調整いたします。申込フォームから日程調整希望をお選びください。

会場

認定NPO法人D×P 大阪天満橋事務所

大阪府大阪市中央区天満橋京町1-27

大阪府大阪市中央区天満橋京町1-27
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


 

D×Pは、なにをやっているの?

認定NPO法人D×P(ディーピー)は、
通信制高校と定時制高校に通う高校生に特化してサポートを行っているNPOです。

通信制高校・定時制高校には、 さまざまな高校生が集まっています。

不登校やいじめ経験、経済的困窮、 発達障害などさまざまな生きづらさを抱えている人や
自分でお金を稼いでいたり、 SNSのフォロワーが多かったり、 突出した特技がある人など、
高校生一人ひとりはとても多様です。

私たちは、2012年から通信・定時制高校に通う高校生に関わり続けるなかで
高校生一人ひとりが持つ「しんどさ」と「可能性」の両方を実感しています。

わたしたちは、例えば「いじめをなくそう!」とか、そういったことは考えていません。
それよりも、高校生がそのしんどさとともに歩めるような
「人とのつながり」と、 「できたと思える経験」の積み重ねが
必要だと私たちは考えています。

人とのつながりを通して、悲しみを分かち合ったり、
自分もこれから大丈夫かもしれないなと思えたり。

ちょっとした「できた」と思える経験で、
自分の可能性を信じられたり。

そんなふうに、高校生が「自分の可能性が拡がっている」と
感じられるような社会をつくること。

「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」
をつくるために、D×Pは活動しています。

 

D×Pは、どんな組織?

D×Pは、職員が8名、インターン生が14名の小さな組織です。
平均年齢は27歳くらい。熱くもなく、冷めてもいない、
一つの色に染めようとされないし、 染まろうともしないマイペースな雰囲気があります。

常にBGMが流れるオフィス。
ノンアルコールビールで昼間っから乾杯しだすひともいれば、
バランスボールではずみながら仕事をするひともいる。
そういえば突然中国語で歌い出すひともいました。

ただ自由なだけではなくて、
仕事のクオリティにはとことんこだわります。
「そのひと本人が納得のいかない仕事はしない」ので、
こだわりをもって仕事をしているメンバーが多いです。

 

D×Pの基本3姿勢について

私たちが高校生と関わるなかで大切にしている3つの姿勢があります。

ひとつは、「否定しない」こと。
生徒の言葉や態度に対して直接否定することはもちろん、
「◯◯はこういうものだ」といった断定的な表現もまた「否定」だと私たちは思っています。
否定しない姿勢を持つことで、高校生が安心して話せる関係性や環境をつくっています。

ふたつめは、「様々なバックグラウンドから学ぶ」こと。
否定しない姿勢で高校生を見ると、その高校生が持つ様々なバックグラウンドに気づきます。
「こんな背景を持っていたから、こんな態度だったんだ」と気づいたり、
「こんな世界があるなんて知らなかった」と学んだり。
そんな「様々なバックグラウンドから学ぶ」姿勢を私たちは大切にしています。

みっつめは、「年上・年下から学ぶ」ことです。
「年上だから」「年下だから」として相手のことを見ずに、
高校生と大人が一人の人としてそれぞれにお互いから学び合うことを大切にしています。

この3つの姿勢を大切にしながら、ボランティア「コンポーザー」と、
高校生が関わりあう場をつくるのが、D×Pのインターン生です。

企画運営スタッフの仕事

仕事内容

  • 通信・定時制高校でのプログラムの企画運営※ 
  • 定時制高校内で行う食事提供を兼ねた居場所事業の運営 
  • 社会人・大学生ボランティア「コンポーザー」の交流会の企画運営 
  • 学生向けイベントの企画運営
  • 高校生のチャレンジプログラムの運営 

※プログラムでのファシリテーション、生徒一人ひとりの対応、
運営にかかる書類作成、社会人・大学生ボランティア(コンポーザー)
とのメール等でのやりとりも含みます。

得られる経験

  • 実際の教育現場でのプログラムづくりの経験 
  • ファシリテーターとしての経験 
  • 多様な高校生と対話し、個性を活かす方法を考える経験 
  • 様々なバックグラウンドを持った社会人とのネットワーク

勤務期間

1年〜※相談可能です

勤務頻度

週2〜4日 
※平日夜や土曜日にプログラムが開催されるため、その時間帯に出勤をお願いすることが多くあります。 
※勤務日数は、相談に応じて臨機応変に決めていきます。

勤務地

大阪市中央区(天満橋駅から徒歩2分) 
プログラムでは、主に大阪・京都・兵庫近郊の高校に行きます。

応募資格

高卒以上

 

 

インターン卒業生の声

 

インターンってぶっちゃけどうなの?どんな仕事をするの?高校生ってどんなかんじ?
インターン卒業生にあれこれ聞いてみました!

D×Pは、否定しない。ちゃんと高校生の存在を見るし、自分の存在を見てくれる。- D×Pインターン企画運営スタッフインタビュー第4弾

「D×Pのインターンって、ぶっちゃけどうなん !?」 – インターン生座談会2015夏

 

この人だけはずっとそばにいてくれるなって人が、一人いれば – D×Pインターン企画運営スタッフインタビュー第5弾

記事作成日時:2017年12月22日

お申し込みはこちら

ページトップへ