【大阪開催】D×Pの新事業「ライブエンジン」について全部お話しちゃいます!1/16(火)DxP活動説明会

2018.01.16 開催

D×Pは、2017年より高卒求人トータルソリューション
「ライブエンジン」を新たに開始しました。

卒業後、就職を選ぶケースが多い定時制高校の生徒。
しかし、就職希望者は多いものの就職までに至らないケースが多いという現状です。
就職しても「ほとんどが一ヶ月以内で辞めてしまうんです」という先生の声も、聞かれました。

しかし、DxPが日々出会う定時制高校の高校生は、
仕事経験がある生徒も多く、それぞれに才能に溢れていて
社会で活躍していけそうな生徒がとても多いです。
また高卒求人数も年々増えており、今年は求人数37万件にのぼります。

ヒアリングを重ねるなかで、
実はこの高校生の就職に関する課題は、
高校生本人や先生に課題があるというよりも、
高卒求人の仕組みに課題があることがわかりました。

D×Pがライブエンジンという新事業を立ち上げて、はや1ヶ月。
アルバイトを始めた生徒や、インターンを始めた生徒も出てきました。

今回の活動説明会では、代表の今井から高卒就労をとりまく課題や、
ライブエンジンについてお話します。

できたことも、できていないことも、
全部まるっとお話しちゃおうと思います!

また、普段高校生と関わるスタッフから、
高校現場の様子や高校生と関わるときに私たちが大切にしていることをお話したり、
お越しくださった皆様のお話もゆっくりお聞きしたいと思っています。
日時

2018年1月16日(火)
開場18:40/ 開始19:00/ 終了20:30

会場

大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)

大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター

大阪府大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター
料金
無料
お申し込み
下記お申し込みページから参加登録してください

お申し込みはこちら


 
■プレゼンターについて
 
今井 紀明
 
認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長 
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。
 
 
記事作成日時:2017年12月20日

お申し込みはこちら

ページトップへ