まずは専門家の方にご相談ください

遺言書には大きく分けて「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」があります。遺贈をご希望の場合は、費用がかかりますが、紛失・書き換えの恐れのない「公正証書遺言」をおすすめします。遺言書を作成する際には、弁護士、司法書士など法律関係の専門家や、信託銀行に相談されることをお勧めします。必要に応じて、専門家をD×Pからご紹介いたします。

遺言書への記載方法

遺言書には、遺贈先に「認定NPO法人D×P(理事長 今井紀明 住所 大阪府大阪市中央区天満橋京町1-27ファラン天満橋33号室)」とお書き下さい。

ご寄付の用途について

遺贈された寄付の用途についてご指定されたい方は、D×P事務局までご連絡ください。ご希望に沿った、寄付の使い道を考えていきましょう。

あなたのご寄付でできること

100万円のご寄付で:

公立の定時制高校1学年全体に対してD×Pのプログラムを届けることができます。 (めやす:経済的にもしんどさを抱えている高校生が集まる公立の定時制高校1学年約60人に対し、全4回の授業を届けることができます)

500万円のご寄付で:

「1地域」に対して、プログラムを届けることができます (公立高校1学年全体にD×Pのプログラムを実施、さらにプログラム後もつながり続けられる機会を創り、高校生に地域でのつながりを届けることができます)

1,000万円のご寄付で:

政策提言(アドボカシー活動)に関する取り組みを行うための若者に関する調査研究を2年間にわたって行うことができます。 (日本は子ども・若者に関する予算が他の先進国と比較して圧倒的に低い状況にあります。彼らをとりまく制度・制作に関するアプローチを行うことができます。)

相続財産を寄付

故人から受け継いだ大切な遺産の一部を、これから日本を支える10代の高校生たちのために使いたいとお考えでしたら、D×P事務局までご相談くださいませ。相続により受け継いだ相続財産を、申告期限(相続開始日から10か月後)までにD×Pにご寄付いただいた場合、その寄付分は非課税となります。

寄付金控除の詳細

認定NPO法人D×P(ディーピー)
540-0032 大阪市中央区天満橋京町1-27ファラン天満橋33号室 06-7222-3001(平日:10時〜17時)
info@dreampossibility.com 担当:入谷

ページトップへ