メディア掲載

【メディア掲載】10/6 インターネットメディアlogmiにご掲載いただきました!

2017年12月、インターネットメディア「logmi」(ログミー)にご掲載いただきました!

2017年10月6日(金)に開催されたイベント「これからの学校に求められること。 不登校はダメなこと?」に、DxP理事長の今井が登壇いたしました。logmiではこのイベントのレポートを取り上げていただいています。

 
  

【記事1】

7年半引きこもっていた少年が、なぜ起業を決意した?地方創生仕掛け人・小幡和輝の半生

 

【記事2】

「学校へ行かなくていい」の選択肢を広げたい 元引きこもり社長が実体験を元に贈るメッセージ

 

【記事3】

「登校していることが正しい」のか? 不登校経験者らが義務教育の在り方を問う

 

【記事4】

「誰かに認められる経験」が子どもを救う 今の教育に求められる、自己肯定感を高める場

 

【記事5】

「高校生の就活は選択肢がほぼない」 “職業選択の制限”から見える、大学生より厳しい現状

 

【記事6】

不登校は小中高生だけじゃない? 今、大学で浮き彫りになっている2つの問題

 

【記事7】

「不登校12万人」に含まれない子どもがいる 元引きこもり社長が振り返るプロジェクトの原体験

 

【記事8】

今の高校教育では「お金を稼ぐ意味」を学べない? アルバイト禁止にみる、学校への重すぎる負担

 

【記事9】

「N高はかなり実験的」 インターネット×教育で変わり続ける学校環境の可能性

logmiの記事を読んで、D×Pを知った皆様へ

 

◯D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校に通う高校生を支援するNPOです。現在、大阪府の定時制高校の4割以上に、人とのつながりをつくるためのプログラム「クレッシェンド」を提供しています。また、高校生の生きる場をつくる新事業、高卒求人トータルソリューション「ライブエンジン」を新たに開始しました。

初めての方もわかるD×P(ディーピー)

 

◯D×Pとともに、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」をつくりませんか?1日33円からのマンスリーサポーター(定額寄付会員)になってくださる方を募集しています。

D×Pに寄付をする

ページトップへ