メディア掲載

【メディア掲載】7/3 朝日新聞朝刊にご掲載いただきました!

2017年7月 3日(月)朝日新聞朝刊(全国版)にご掲載いただきました!

D×Pのワールドチャレンジ募金を通して、日韓クルーズに参加する高校生が、自治体から「海外渡航はぜいたく」とみなされ、生活保護費の減額を告げられました。しかし最終的には厚労省から、「保護費を減らさない」とする見解を同自治体にお伝えくださり、その高校生はクルーズに参加できることになりました。
  
支援の多様化にともなう自治体担当者の判断のとまどいや、子ども/若者に特化した統一見解が出せないか?など、幅広く問題提起して記事にしてくださっています。

 

記事タイトル

 “保護費減額 揺れる判断生活保護家庭の子ども
  寄付で渡航や奨学金は「収入」?”

 

誌面版記事

 

朝日新聞を読んで、D×Pを知った皆様へ

 

◯D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校に通う高校生を中心に、「人とのつながり」と「成功体験」の2つを届けている大阪のNPOです。現在、大阪府の定時制高校の4割以上にプログラム「クレッシェンド」を提供しています。

初めての方もわかるD×P(ディーピー)

 

 

◯ワールドチャレンジ募金では、経済的困窮などのさまざまな事情を抱えた高校生が海外渡航に行くチャンスを無料で提供しています。高校生が、世界を見て様々な人に出会う経験は、視野を広げ、自分の生き方の選択肢を広げます。
 
記事に書かれている通り、国や自治体が共通見解を示したり、制度をつくってしまうのは、とても大切。でも、それにはどうしても時間がかかってしまう。
 
だから先に自分たちで、高校生を送り出し、自立に向かっていった事例を
たくさん作りませんか?

ワールドチャレンジ募金は個人の方の寄付で成り立っています。取り組みに共感した方、ぜひ寄付をお願いします!
  
わたしたちと一緒に、高校生ひとりひとりを送り出していきましょう!!

ワールドチャレンジ募金への
ご寄付はこちらから

 

ページトップへ